編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セキュリティやデジタル化で見る、ユーザー企業の2017年度IT投資

ZDNet Japan Staff

2017-03-07 07:30

 日本情報システムユーザー会(JUAS)が2月下旬までに順次発表した「企業IT動向調査2017」(速報値)によると、ユーザー企業は2017年度も積極的なIT投資を継続すると予想されている。特に経営課題となっているビジネスのデジタル化や情報セキュリティは、どうなるのだろうか。

 まず2016年度比でみた2017年度のIT予算の増減予測は、「増加」が34.0%、「不変(前年度並み)」が49.7%、「減少」が16.3%。「増加」するとした企業は前回調査に比べて9.6ポイント下がったが、「減少」も1.7ポイント下がり、2017年度もIT投資の積極姿勢が見て取れる。


2017年度IT予算の増減 (2016年度比の増減予測)、出典:JUAS

 IT予算を増加する割合から減少する割合を差し引いた「DI」の全体値は、17.7ポイントだった。売上高別では、100億円以上・1000億円未満の企業のDIが20.7ポイントで最も高く、100億円未満が18.6ポイントで続く。一方、1兆円以上は6.1ポイントで前回調査の16.7ポイントから下がった。2017年度は中堅・中小企業を中心にIT投資の活発化が予想される。

 また業種別では、建築・土木の39.5ポイントが最も高く、最小は金融のマイナス21.1ポイントだった。建築・土木では26.6ポイント上昇し、金融では68.2ポイント下降した。建築・土木では首都圏を中心とする不動産市場の好況が追い風になっているとみられている。


業種グループ別 2017 年度IT 予算の増減予測 (2016 年度比)、出典:JUAS

 IT投資で解決したい課題では、過去の調査と同様に「業務プロセスの効率化(省力化、業務コスト削減)」と「迅速な業績把握、情報把握(リアルタイム経営)」の2つが目立っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]