編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

人類は人工知能を使いこなせるのか--AIの未来と社会実装を議論 - (page 2)

林 雅之

2017-04-06 07:00

 前・ホワイトハウス科学技術政策局CTO補佐官、プリンストン大学教授のエドワード・フェルテン氏は、AIネットワークのガバナンスについて、米学会でも研究対象としており以下の3つの異なるアプローチを検討しているという。


エドワード・フェルテン氏(前・ホワイトハウス科学技術政策局CTO補佐官、プリンストン大学教授)
  • 技術的課題への対応(安全や予測可能性のあるものなど)
  • 制度や説明責任(どのように組織が機能すべきかなど)
  • 倫理、原則はどうすべきかなど

 政府では、AIネットワークのガバナンスにおいて、ソフトな規制にとどめており、新しい規制で規制を設けるのではなく、既存の規制をAIの進展に適応させていくアプローチをとっているという。


Google Inc主席研究員、Google Brain 共同創始者(Partnership on AI 評議員)グレッグ・コラード氏

 Google主席研究員、Google Brain 共同創始者(Partnership on AI 評議員)のグレッグ・コラード氏は、産業界におけるAIネットワークのガバナンスについては、まだまだ研究が始まったばかりであり、どのテクノロジが一番役にたつのかわかっていないものの、AIネットワークの領域においては多くのイノベーションが生まれるチャンスがあると述べた。

 政策面では、研究開発を促進する政策を推進し、ビジネスではオープンなコラボレーションが必要であり、特に、企業の研究部門との協力によるオープンリサーチの必要性を示した。今回のような国際的なフォーラムもいい触媒になっているとし、国際間でこのようなフォーラムを継続的に続けていくことの重要性を述べた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  2. 経営

    店長のいない自動車ディーラーが考える自立型組織を育成するITシステム

  3. ビジネスアプリケーション

    改正電子帳簿保存法とインボイス制度で、請求書業務はこう変わる

  4. 運用管理

    「PCリプレースの理想は3年」「テレワークは依然進まず」ハイブリッドワーク時代のPC管理の課題とは

  5. ビジネスアプリケーション

    マンガで解説、クラウドを活用して年末調整の負担を劇的に減らし労務の生産性を向上させるには

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]