座談会@ZDNet

マーケ予算はIT予算を上回ったのか--B2Bマーケティング座談会(1) - (page 5)

山田竜司 (編集部) 吉澤亨史 2017年04月21日 12時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 尾花氏:そういう意味で、予算の使い道が変わったという話。そして、もともとB2Bでいくと法人営業チームのヘッドカウント、もっというとセールスとマーケティングの担当者の頭数が最も大きな「マーケティング予算」な訳です。「総量どーん」という感じ。これに加えて今のようにお金をきちんと枠として取るようになってきたということでいえば、総量はすごく増えてきている感じはしますね。

 かつ、それを営業のヘッドカウント的な考え方を持っている人がマーケティングのことを考えると、花火のようなことは好きではないので、それでは1年間こういうことをやるためにこれだけの枠を確保しようということになります。「枠で取る」というやり方がB2Bでいうと、増えているなと感じます。


IT変革の進捗とマーケティング予算の関係

 飯室氏:ではその会社として、売り上げも上がらないのにマーケティング予算を上げる会社があるかと言ったら、まずないですよね。先行投資で3年先のマーケティング投資ということもまずないので、伸びている会社はマーケティング投資を増やしている。

 並行して増えていくと思うのですが、思い当たる部署のことを考えると、今売り上げが伸びていない部署はマーケティング予算が凍結されている部署もあります。横ばいでも新製品が出るのでシフトさせられていて、総量が変わらないからという使い方をさせられているので、本当の意味でマーケティング予算がIT予算を超えたと言っているのは成長している会社なのでしょうか。

 尾花氏:ITの変革が進んでいない限り、マーケティングがITの予算を超えるということはまずないですよね。それは先ほど飯室さんがおっしゃったように、インフラの固定費がIT予算として削減されない限り、これを維持したままマーケティングが超えるというのは、いくら同じテクノロジ投資といっても、倍になってしまうという話です。

 ですので、超えるというのは総量が少しは上がるのでしょうけど、ITが減っているというのはインフラたるどうしても必要なレガシー。分野はレガシーでしたが、テクノロジ的に新しくなって費用感が減ったが故に、クロスオーバーする可能性が出ているということが今の日本の状況ではないでしょうか。

 ZDNet:マーケティング予算がIT予算を超えることには懐疑的であるし、日本ではだいぶ状況が違うということでしょうか。

 中東氏:どこまでをマーケティング予算というかですね。2016年「日本の広告費」は6兆2880億円でしたか。それで日本のIT市場は2016年は14兆6000億円。そもそも足りていない。だから何をマーケティング費というか、どこまでとらえるか。単なる宣伝費だけなのか。多分それに付随するインフラとか、構築費とかいろいろなものが入ってくると思うので、そこまで含めたときにIT予算が変動しているかもしれないという話と、レガシーなIT予算というものが間違いなく縮小しているというところです。

 飯室氏:インフラのように使えるようになったことで、それが投資か資産かという線引きがあいまいになっていることもありますね。定義がいろいろあるのではないでしょうか。

 中東氏:そのシフト、トランスフォーメーションは結構あるかもしれませんね。インフラがそのように変わってきて、いろんなサービスも従量課金で使えるようになってきたという段階で、マーケティングもお金を出しやすくなってきた。できるようになってきたということですよね。

 マーケティング費用は、思いついたらすぐに試して、3カ月でもすぐに撤退できる、調子悪かったらすぐに撤退したいというのが基本なのです。そういうビジネスにフィットしたインフラの形になりつつあるということが大きいし、おそらくその流れは止まらないのではないかと思います。

 <第2回へ続く>

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算