編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」
今週の明言

IBMが描くWatsonビジネスのポテンシャル - (page 2)

松岡功

2017-04-07 13:02

 Watsonによる情報サービス事業と捉えた場合、今回の気象情報のほかにどのような「データ」がビジネスになり得るか。会見の質疑応答でそう聞いたところ、吉崎氏は「想像しやすいところでは、医療関連のデータが考えられる。IBMとしては新たな価値を生み出しそうなデータをどんどん集積して、Watsonの活用につなげていきたい」と答えた。

 今回の動きは、IBMがWatsonによって情報サービス事業へ進出したとも見て取れる。今後の展開に大いに注目しておきたい。

「SaaSアプリケーションにもしっかりしたセキュリティ対策が必要だ」
(パロアルトネットワークス アリイヒロシ 代表取締役会長兼社長)


パロアルトネットワークスのアリイヒロシ代表取締役会長兼社長

 パロアルトネットワークスが先ごろ、SaaSアプリケーション上のデータを保護する法人向けセキュリティサービス「Aperture」を日本市場で提供開始すると発表した。アリイ氏の冒頭の発言はその発表会見で、新サービスの必要性について語ったものである。

 Apertureは、組織で利用が許可された法人向けSaaSアプリケーションの脅威防止や情報漏えい対策を実現するクラウドベースのセキュリティサービス。同社の次世代ファイアウォールと組み合わせることで、SaaSアプリケーションに対する包括的なセキュリティ対策を構築できるという。

 また、同社の脅威インテリジェントクラウド「WildFire」と連携することで、SaaSアプリケーション内の既知および未知のマルウェアをブロッックできる。さらに、SaaSアプリケーション内のデータに対するあらゆる動きの可視化と、機械学習を活用したコンテンツ解析による文書ファイルの分類により、データの機密性に合わせて情報漏えいに対して効率よく迅速に対処できるとしている。

 アリイ氏は新サービスを投入した理由について、「これまでネットワークやエンドポイントに施してきたセキュリティ対策をSaaSアプリケーションに拡張し、偶発的な事故による情報漏えいやマルウェアの拡散といったセキュリティ対策をしっかりと講じる必要があるからだ」と説明した。

 同社は現在、図のような次世代セキュリティプラットフォームを提供している。もともとはファイアウォールからスタートした同社だが、今では企業のセキュリティ対策に求められる要件を全方位でカバーしている形だ。

 今回の新サービスはSaaSアプリケーションに対応したものだが、同社ではこの次世代セキュリティプラットフォームによって、ハイブリッド環境に柔軟に対応できるようにしている。企業にとってはハイブリッド環境において、セキュリティ対策がツギハギ状態になるのは避けたいところだけに、こうしたセキュリティプラットフォームに対するニーズは今後ますます高まってくるだろう。


次世代セキュリティプラットフォームの概要

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]