編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら
座談会@ZDNet

IT部門に「有用なデータを提案してほしい」--IoT座談会(5) - (page 4)

山田竜司 (編集部) 飯田樹

2017-06-21 07:00

IoTとシェアリングエコノミー

 ZDNet:IoTによるシェアリングエコノミーという文脈ではUberやAirbnbが語られがちですが、それ以外の上手く行った例や、こういうことが起きているからこうなるといったお考え、現状認識をうかがえればと思います。

 武下氏:企業は儲からなくなるし、消費者はお金を払わなくていいようになると思っています。儲かる儲からないを何で定義するのかは分からないですが、きわめてコストが下がります。


エスキュービズム 取締役 武下真典氏

 携帯電話もSIMさえあれば3大キャリアを使わなくても良いですし、シェアオフィスなどもあるので、払うお金がどんどん減っていく。

 払うお金が減ると企業がもらうお金も減る。ただその時に、毎年売り上げを増やしたいのが企業なので、折り合いをどうつけるかが非常に重要です。

 UberやAirbnbはグローバルに展開しているから儲かるわけで、日本ではマーケットが足りなすぎて、利益を出すのは難しいだろうなと思います。ただ、利益を出さなくて良くなるとしたら、それは、結構良い社会かなと思っています。

 利益を上げ続けなければいけない企業は結構しんどいので、シェアリングエコノミーの時代には、別の道もありそうな気はしています。

 松島氏:物流の世界で言えば、これ以上車もいらないし、倉庫もいらないということが数字で示されている現状があります。

 モノがデジタルにコネクテッドされていないから、稼働率が低いわけですね。IoTはリアルタイムで手軽にデータを共有できるので、そこで道具になるのです。

 それを使うことで今のリソースの稼働率を上げることがシェアリングエコノミーだと思っているので、循環型社会は、十分、今の資源でやれるし、できないのは道具を使いこなしていないからだと思っています。

 <第6回に続く>

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]