ハードから読み解くITトレンド放談

プロセッサから見るサーバトレンド--Intel Xeon編その2 - (page 2)

山本雅史

2017-06-26 07:00

 この他に、Xeon E7 V3(Haswell世代)から搭載されている、システムのトラブルをハードウェアが検知する「Run Sureテクノロジー」も強化されている。Run Sureテクノロジーは、「システムRAS」といわれるエンハンスド MCA Gen2とメモリRAS機能などが用意されている。

 Xeon E7では、「MCA」(マシン・チェック・アーキテクチャ)でチェックできるイベント数を増やした。さらに、MCAからのイベントはファームウェアにエラー伝えられる。メモリのパリティエラーなど、MCAより下層の段階でエラーのリカバリーが済むようなトラブルは、ファームウェアにエラーログを残し、上位のOSなどにエラーをその時点では伝えないようにすることも可能になった。

 この機能によって、ファームウェアが”インテリジェンス”を持つ。ある程度のエラーを修正し、重大なトラブルが起こるエラーだけをOSに通知する。OS側で処理することで、細かなエラーからシステムがシャットダウンされるような事態を回避する。ある程度修正可能なエラーがある場合でも、OSやアプリケーションの処理を優先して、システムのメンテナンスを遅らすことで、ミッションクリティカル サーバとして”止まらない、止めない”サーバが構築できるようになる。

 メモリRAS機能としては、「アドレス・レンジ・メモリ・ミラーリング」がサポートされている。これは特定アドレスのメモリだけをミラーリングする機能で、OSが使用するメモリ領域だけをミラーリングして冗長性を持たせ、OSが使用しないDIMMの領域は、アプリケーションなどに開放することが可能になった。つまり、メモリのミラーリングを効率よく使用するための機能といえる。

 これ以外にも、メモリの冗長性を高めるために、メモリにトラブルが起こった場合に、同じメモリコントローラに接続されている別のメモリへ自動的にフェールオーバーする機能が追加されている。Xeon E7 v3では、複数のランクスペアリングができる。

 「Run Sureテクノロジー」は、ファームウェア側だけでなくOS側でも対応する必要がある。プロセッサに「Run Sureテクノロジー」が搭載され、Red Hat Enterprise LinuxやWindows Serverでもサポートされている。ただし、どの程度の機能がサポートされているのかは、OSによって異なる。またXeon E5 V4においても、Run Sureテクノロジーの一部がサポートされている。

 もう1つXeon E7 V4とE5 V4の大きな違いが、サポートできるソケットの数(プロセッサ数)だ。

 Xeon E7 V4 8XXXシリーズは、最大8ソケットサーバを構築できる。これにより、最大192コア/384スレッド、最大メモリ容量が24.56TBという信じられないほどのコアとメモリを持つサーバが実現する。

 Xeon E7 V4には、4ソケットサーバを構築できるXeon E7 V4 4XXXシリーズも用意されている。コスト的には、Xeon E7 V4 4XXXシリーズの方が安い。ただしラインアップとしては、後述するXeon E5 V4の4ソケットモデルと重複する。

 Xeon E5 V4は、ソケット数に関しても1ソケットの1XXXシリーズ、2ソケットの2XXXXシリーズ、4ソケットの4XXXシリーズの3モデルが用意されている。

 4ソケットモデルの4XXXシリーズは、上述のE7 V4 4XXXシリーズと重複するが、コスト的にはE5 V4 4XXXシリーズの方が安い。なお、1XXXシリーズはXeon E3と重複する。多くのサーバ製品では、2ソケットの2XXXシリーズが採用されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]