編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
ハードから読み解くITトレンド放談

サーバ向け新プロセッサのXeon Scalable--4つのモデルとは?

山本雅史

2017-08-17 06:00

 「Intel Xeon Scalable Processor Family」(Xeon Scalable)は、モデルがPlatinum、Gold、Silver、Bronzeの4つに分かれている。それぞれのモデルによって、コア数、メモリのスピード、AVX512(命令セット)の機能、サポートするソケット数、RAS機能などに差がある。

Xeon
Xeon Scalableのモデル別の機能表(米Intelサイト「Xeon Scalable」のProduct Briefより)
Xeon
Xeon Scalableは、4つのモデルに分かれている。Goldが2つのモデルに分かれているため、厳密には5つになる(米Intel資料より。以下表記の無い場合は同じ)

 4つのモデルの中でハイエンドになるPlatinum81XXシリーズは、Xeon Scalableでは最大のコア数28コア/56スレッドをサポートしている。また、動作クロックも3.6GHzと最も高い(なお、コア数が増えると動作クロックが低くなる。3.6GHzは4コア製品)。メモリとしてはDDR4 2666MHzをサポートし、最大メモリ容量は768GB(Mモデルは1.5TB)になる。

 同シリーズは、2/4/8ソケットをサポートしている。8ソケットまでサポートしているのは、Platinum81XXシリーズだけだ。8ソケット以上のサーバに関しては、サーバベンダーなどが独自にチップセットを作ることで対応できる(コストが高くなるため、実際には多くのベンダーが8ソケットを選ぶだろう)。

 Platinum81XXのAVX512は、2つのFused Multiply-Add (FMA)を搭載することで、最大性能を生かせるようになっている。この他、RAS機能としても、フルスペックのIntel RunSure Technologyが入っている。

Xeon
Xeon ScalableのハイエンドモデルがPlatinum81XXシリーズ。最大8ソケットに対応

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]