内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」

IT部門内にイノベーション特区を創ろう

内山悟志(ITRプリンシパル・アナリスト) 2017年08月16日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ITを活用したビジネスイノベーションや新規ビジネスの創出への取り組みとしてタスクフォースを立ち上げたり、専門組織を設置したりする動きがみられます。しかし、組織を設置して担当者をアサインすればそれだけでイノベーションが創出されるというものではありません。今回は、イノベーション特区の考え方を紹介します。

企業がビジネスを創出することの難しさ

 既存事業を保有する一般的な企業(主に大企業)が、ITを活用したイノベーションやデジタルビジネスの創出に対してさまざまな取り組みを展開しようとしていますが、その成功率は必ずしも高いとはいえません。

 経営者や事業責任者は、これまで市場を切り開き、自社ビジネスを牽引してきた経験者であり、成功者でもあります。そのため、自分達にできたことは、今の従業員にもできるはずだと考えがちです。これまでにも、社内各部門から精鋭を集めたタスクフォースを結成してビジネス創出の企画を練る活動を推進したり、社内公募などによって新規ビジネスのアイデアを収集したりする取り組みは多数行われてきました。

 しかし、ビジネス創出は簡単なことではありません。推進メンバーが兼務で、かつ多忙である、権限が与えられていない、既存事業部門の協力が得られない、アイデア出しや役員への報告が目的となってしまうなど、さまざまな理由によって、アイデアがアイデアのままにとどまり、実行に至らないという例も散見されます。

イノベーション特区の考え方を取り入れる

 既存企業が新規の取り組みを推進する際には、社内の慣行やルールを一部打破したり、特別な対応が求められたりする場合があります。従来の進め方やルールに忠実に従っていると、事業化のスピードが阻害されたり、外部の柔軟な活用が進まなかったりするためです。これに対して、昨今では社内にイノベーション特区を設けるべきという意見が出てきています。

 イノベーション特区の考え方は、もともとは自治体などが産業振興や雇用創出を目指して、地域限定的な規制緩和や支援施策を行うものでした。江戸時代の鎖国の際に設けられた長崎の出島になぞらえて「出島戦略」などという呼び方をする場合もあります。イノベーション特区には、予算や各種社内プロセスに関して、例外的な対応や権限が与えられます(図1)。

図1.イノベーション特区に与えられる権限の例(出典:ITR)
図1.イノベーション特区に与えられる権限の例(出典:ITR)

 既存企業にとって、社内のルールや組織を大きく変えることは容易ではありません。従来の組織哲学や成熟している既存事業を破壊するリスクは誰しも負いたくないというのが本音ではないでしょうか。その一方で、デジタルビジネスによるイノベーションには期待しているという場合において、限定したビジネス領域や特定のプロジェクトに特別なルールを適用する、というのがイノベーション特区の考え方です。

 新興のベンチャー企業と伝統的な大企業では、企業風土や従業員のメンタリティが大きく異なることは否定できません。社内にベンチャー企業のような「出島」を設置することで、イノベーションへの障壁を取り払い、事業化のモチベーションを高めることも有効な打ち手となることを念頭に置くべきです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化