編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
今週の明言

SAP幹部が示した「最新のデジタルビジネスフレームワーク」

松岡功

2017-08-18 12:00

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉をいくつか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、独SAPのRobert Enslin クラウドビジネスグループプレジデントと、日本IBMの澤 崇 製品統括部長の発言を紹介する。


独SAPのRobert Enslin クラウドビジネスグループプレジデント

「これだけ強力なデジタルビジネスフレームワークを持つベンダーは他にいない」
(独SAP Robert Enslin クラウドビジネスグループプレジデント)

 SAPジャパンが先頃、顧客向けの年次イベント「SAP SELECT」を都内ホテルで開催した。独SAPのエグゼクティブボードメンバーでクラウドビジネスグループのプレジデントを務めるRobert Enslin(ロバート・エンスリン)氏の冒頭の発言は、同イベントのスピーチで、SAPのビジネス戦略について語ったものである。

 Enslin氏はまず、企業においてデジタル化が求められる理由として、「すべてのものがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)時代が訪れつつある中で、そこから得られるデータを人工知能(AI)や機械学習などの技術によって分析・活用することで、一段とスマートなビジネス環境が実現されつつある。また、大規模なインメモリコンピューティングやクラウドの進展によって、ビジネスがリアルタイムに動くようになるだろう。しかもそれらの技術がコスト的にも手頃に入手できる状況になってきた。したがって、企業はいち早くこのデジタル化の波に乗るべきである」と説いた。

 そして、Enslin氏がおもむろに提示したのが、SAPの最新のデジタルビジネスフレームワーク図である。あえて「最新の」と付記したのは、これまでも同じ意味のフレームワーク図を幾度か見てきたが、毎回、内容が変わってきた印象があるからだ。それだけSAPのデジタルビジネスも、ここ数年で大きく変容してきているということだ。

 ただ、中軸やベースに「SAP S/4HANA」や「SAP HANA」「SAP Cloud Platform」が位置しているのは、以前から変わらない。少しずつ変わってきているのは、買収によって獲得したSaaSソリューションの増加やIoTおよび機械学習などのツールセットとして最近投入された「SAP Leonardo」である。


図:SAPのデジタルビジネスフレームワーク

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]