編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
次世代ITに呼応する宇宙ビジネス

ムーアの法則的に広がる宇宙ビジネス--“一巡”したベンチャーと日本の存在感

佐藤将史

2017-08-31 07:00

“宇宙ベンチャー”を世に広めた始祖、NewSpaceカンファレンス

 非営利の民間団体、宇宙フロンティア財団(Space Frontier Foundation:SFF)が毎年開催しているNewSpaceカンファレンスが、この6月27~29日、San Franciscoのダウンタウンで“NewSpace 2017:Convergence”として開催された。

 NewSpaceカンファレンスは、文字通り「新しい宇宙」に重点を置き、特にスタートアップ企業を主役に据えたベンチャービジネスのカンファレンスである。現在の宇宙ベンチャーブームに沸く5年ほど前までは、宇宙ベンチャーにフォーカスしたイベントは世界にほとんど存在しなかった。

 宇宙ビジネスカンファレンスと銘打つイベントのほとんどが、宇宙機関や軍関係の公的ミッションに重きを置いており、政策的な話題が大部分を占めていた。その中で、NewSpaceカンファレンスは異彩を放ち続けてきた。

 筆者は、NewSpace2015から3年連続参加しているが今回、特にアジアからの参加者が増えており、主催者によれば、単独国として米国に続き、最も多くの参加者が来ているのが日本である。2016年から今年にかけて、韓国の関係者が増えているのも目に付いた。


NewSpace 2017参加者の出身国:アメリカに次いで日本からの参加者が目立った(ピンの数)

 NewSpaceカンファレンスは、その知名度を世界的に広げている。この11月には初の海外進出となる“NewSpace Europe”がルクセンブルグで開催されることを登壇したEtienne Schneider同国副首相が発表した。筆者はアジア域においてもNewSpaceと連携したイベントなどがあれば、と感じている。

転換期にある米国の宇宙ベンチャー業界

 一方で、この5年程度の間に、特に米国を中心に、宇宙ベンチャー関連のカンファレンスが相次いで設立されている。日本でも筆者も理事として運営に関わる“SPACETIDE”が発足するなど、NewSpaceに類似のカンファレンスは増加傾向にある。

 今回のNewSpace2017では、そのような背景を踏まえて、新しい方向性を模索していることがうかがえた。最も特徴的だったのは、過去2回と比べ、宇宙ベンチャーの登壇が少なく、政府機関や投資家、NPOなどの非営利団体など、宇宙ベンチャービジネスの支援者の登壇割合が比較的高かった点である。

 これまでNewSpaceカンファレンスは、ブレーク寸前の“旬”のベンチャーを露出させることで、注目度を高めてきた。Elon MuskのSpaceX、Jeff BezosのBlue Origin、Rocket Lab、Planet、Spire……などだ。

 現在、業界で名を馳せるほとんどの宇宙ベンチャーが過去に登壇者やスポンサーとしてNewSpaceカンファレンスに協力している。その点では、NewSpace 2017ではインパクトある旬のベンチャーの登壇は比較的少なかった(Blue OriginやOneWebが登壇したが、今や両社は“頭一つ出たベンチャー”となっており、この文脈には当てはまらない)。

 これは、単に宇宙ベンチャーカンファレンスが増えたということだけではなく、宇宙ベンチャー業界が転換期を迎えていることの証左だったと筆者は考える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]