編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

オラクル、「Solaris」など元Sun製品関連の従業員多数をレイオフか

Steven J. Vaughan-Nichols (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-09-06 13:15

 Oracleは公式には発表していないが、サンタクララなどのオフィスに勤務していた元Sun Microsystems関連の製品に携わる従業員を含む2500人がレイオフされたという。

 驚くには値しないだろう。1月には、元Sunのエンジニアと開発者を含む従業員1000人超がレイオフされたとの報道もあった。最新のSPARC/Solarisのロードマップを見ると、次世代の「Solaris 12」ではなく「Solaris 11.next」と「SPARC next」が準備され、インクリメンタルなアップデートとなる可能性がある。

 元Sun幹部のBryan Cantrill氏が報告していたように、現在のSolarisチームメンバーとの話に基づくと、Oracleの最新のレイオフは「実に深く致命的」だという。「中核のSolarisエンジニアリング組織は約90%がいなくなっているという。基本的にマネジメントの立場にあった人全てが含まれる」という。”Javaの父”ことJames Gosling氏は、「Solarisは9月1日、Oracleに頭を撃ち抜かれた」と記している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]