松岡功の一言もの申す

サイボウズが米国PaaS事業で汎用IaaSを採用する理由

松岡功 2017年09月15日 11時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズが米国でのPaaS事業を強化するため、これまでの自前のIaaSから外部の汎用IaaSに移行することを決めた。その理由は何か。同社の青野慶久社長に聞いた。

「kintoneを国内データセンターで利用したい」との要望に対応


筆者の取材に応えるサイボウズの青野慶久社長

 「米国のお客様からkintoneを国内データセンターで利用したいとの要望が寄せられるようになってきた」―― サイボウズの青野社長は同社のPaaS「kintone」の米国市場での事業展開を強化するため、これまでの自前のIaaSではなく、外部の汎用IaaSを採用することを決めた理由についてこう語った。

 kintoneは、同社の主力製品であるグループウェアで培ってきたノウハウを基に、自前のIaaS「cybozu.com」上で手軽に業務アプリケーションを開発、運用できるようにしたPaaSである。同社は今、このkintoneを前面に押し出してグローバル展開に力を入れている。

 kintoneのグローバル展開、中でも再挑戦となる米国市場での変遷については、2016年3月10日掲載の本コラム「グローバル展開を図る国産PaaSの“次なる一手”」をご覧いただきたい。さらにこのコラムに記した内容が、今回の取り組みの伏線となっている。

 その要点は、「今後kintoneをグローバルに広げていくためには、Amazon Web Services(AWS)などの汎用IaaSを採用するほうが得策ではないか」とし、それが“次なる一手”になるのではないかと記したものだ。その理由は、事業拡大へのスケールメリットやコスト効率を享受できることにある。当時、この質問に対して青野氏は、「今のところ乗り換える予定はないが、今後の選択肢として検討はしている」と答えていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算