Salesforceエコノミーへの参加がビジネスチャンスを広げる--ブロック社長

日川佳三 2017年10月16日 07時30分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「企業向けのソフトウェアのうち、CRM(顧客関係管理)が最も急速に伸びている。他の3つ(OS、ERP、DBMS)は過去の産物だ。世界中がCRMへと向かっている」ーー。セールスフォース・ドットコムは2017年9月26日から2日間、プライベートイベント「Salesforce World Tour Tokyo 2017」を開催した。

 初日のキーノート講演「BLAZE YOUR TRAIL-新たな道を切り拓こう」では、米Salesforce.comでVice Chairman, President and COOを務めるKieth Block氏が登壇。市場でのSalesforceの状況、クラウドサービス群のビジョン、直近の機能強化点などについて解説した。


米Salesforce.comでVice Chairman, President and COOを務めるKieth Block氏

 米Salesforce.comの売上額の実績は、2011年度が17億ドル、2017年度が84億ドルである。「(1999年2月に設立してから)わずか19年しか経っていないが、年商100億ドルに達しようとしている」。Block氏は、米Salesforce.comは成長速度が最も速いソフトウエア企業であるとアピールする。

 営業支援分野ではSalesforce Sales Cloudが34.2%のトップシェアを持つ。2位は米Oracleで15.3%、3位はドイツのSAPで14.5%である。カスタマーサポート分野ではSalesforce Service Cloudが33.7%で1位。マーケティング自動化のSalesforce Pardotもシェア9.9%と伸びており、2016年には米Adobe Systemsを抜いて1位になったという。

 日本法人のセールスフォース・ドットコムは、2000年に設立。社員は1100人、認定資格者は9300人、パートナーは370社をそれぞれ超えている。国内に2つのデータセンター(東京と大阪)を持っている。市場調査会社の予想では、日本法人は日本国内で2020年に24万人の雇用を生む。「日本の社会の仕組み作りにも貢献したい」(セールスフォース・ドットコム代表取締役会長兼社長の小出伸一氏)

信頼・成長・イノベーション・平等がSalesforceのコアバリュー

 Block氏は、Salesforceの中核となる価値として、(1)信頼、(2)成長、(3)イノベーション、(4)平等の4つを挙げる。

 (1)の信頼は最も重要であり、信頼なくして何も手にすることはできない。(2)の成長も重要であり、成長のために日々イノベーションを起こして変化を促す必要がある。(3)のイノベーションは米Salesforce.comのDNAの一部だとBlock氏は言う。「どのようにして成長するかを常に考えている。年間3回のバージョンアップで機能を強化している。イノベーションなくして成長はない」(Block氏)

 (4)の平等(イコーリティ)も大切である。給与格差を是正し、職業訓練プログラムなどの教育にも注力する。「平等は機会。全員にとっての平等を実現すれば社会は繁栄できる」(Block氏)。米Salesforce.comは、年間3500万ドルを教育に投資しているという。

 社会貢献にも注力し、同社独自の1-1-1モデルを実践しているという。まず、就業時間の1%(230万時間)を地域活動に充てている。また、株式の1%(1億6000万ドル)をNGO/NPOに助成している。さらに、提供している製品サービスの1%を3万1000社のNPOや教育機関に提供している。

 環境にも注意を払っている。「米Salesforce.comはカーボンニュートラル。カーボンオフセットにより、CO2の排出量は実質ゼロだ」(Block氏)

学習プログラム「Trailhead」でSalesforceエコノミーに参加しよう


Salesforce World Tour Keynote「BLAZE YOUR TRAIL-新たな道を切り拓こう」の会場風景

 第4次産業革命の現在、技術は日進月歩で進化しているとBlock氏は言う。「60億台の携帯電話と750億台のスマートなモノがネットにつながっており、この先には顧客がいる。ビジネスチャンスがある」(Block氏)

 例えば、米Salesforce.comの1日を見ると、280万件の商談を作成し、100万件の商取引の注文処理を行い、マーケティングでは14億件のメールを送信している。

 Salesforceエコノミーへの参加がビジネスチャンスを広げるとBlock氏。「Salesforceエコノミーによって生まれる経済価値は2020年までに4000億ドル以上、雇用にして200万人に相当する」(Block氏)

 Salesforceエコノミーに参加する方法は簡単だと話す。「Salesforce Trailheadと呼ぶ学習コンテンツを用意している。ゲーミフィケーション感覚で取り組める」(Block氏)。Salesforceのクラウドサービスについて楽しく学べる場だという。このプログラムで学びスキルを身に付けた人材は「Trailblazer」(先駆者)と呼ばれる。世界で40万人以上のTrailblazerがいるという。


ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算