編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
企業決算

SAPの第3四半期、「S/4HANA」好調--通年見通しを上方修正

Liam Tung (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-10-20 11:22

 SAPは米国時間10月19日、2017年第3四半期決算(9月30日締め)を発表した。新規のクラウド受注の伸びは鈍化したが、通年の業績見通しを上方修正している。

 SAPは2017年通年の売上高を234億〜238億ユーロの範囲と予想している。以前の予測から1億ユーロの増加となり、220億7000万ユーロだった2016年からもアップとなる。

 通年の営業利益は68億5000万〜70億ユーロと予想しており、2016年の66億3000万ユーロから上昇している。

 第3四半期は、非IFRSベースの営業利益が固定通過換算ベースで前年同期比4%増の16億4000万ユーロとなった。

 新規クラウド受注は14%増加し、3億200万ユーロとなった。第2四半期は前年同期比33%増の3億4000万ユーロだったが、これを下回る結果となった。

 全体のクラウドサブスクリプションとサポートの売上高は固定通過換算ベースで27%増加し、9億3800万ユーロとなった。Reutersによると、アナリスト予想の29%をわずかに下回った。

 総売上高は前年同期比8%増の55億9000万ユーロで、わずかにアナリストの予想を下回っている。

 SAPはオンプレミスのライセンス販売からクラウドサブスクリプションへの移行を進めており、クラウドサブスクリプションとサポートの売上、ソフトウェアサポート売上の合計を「予測性の高い売上」としている。この売上は、総売上の65%を占めた。この比率は前年同期の64%から1パーセントポイントの上昇となった。

 ソフトウェアライセンスとサポートの売上高は前年同期比4%増の37億2000万ユーロだった。

 SAPによると、「S/4HANA」の顧客数は6900社を超えたという。これは前年同期から70%の増加となる。同期、600社が新たに契約しており、このうち約40%超が新規顧客という。

SAP
提供:SAP

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]