トランザクションの今昔物語

機械化や初期のセキュリティ侵害--トランザクションにみる企業間取引の変化 - (page 2)

石橋正彦 2017年10月31日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

ウェブ台頭期(1990~2005年)

 さて、第1回から解説してきた企業間取引(定義やトランザクションにおいて)も、1970年からの20年間に、かなりの技術的なイノベーションをもたらした。次の1990年からの15年間は、どのような年代だったのであろうか。

 1990年は、通信動向ではインターネットが企業に普及し、1995年にはWindows 95などで個人にもブロードバンドが普及し、国際的なネット化(ブロードバンド化)をもたらした。また、オンライン・トランザクションが広がり、金融や流通ECサイトの決済、製造業のEDIなどが普及し始める。テクノロジも汎用機からUNIXへ、COBOL/アセンブラからC言語などに大きく移行されることになる。この15年間で、専用線によって企業間取引をしてきた企業が、TCP/IPなどのsocket通信のトランザクションに移行した時期でもある。

図8
図8 ウェブ台頭期(1995~2005年)にTCP/IPがもたらした恩恵としてEAIが普及した、出典:サイバー研究所(2017年10月)

 図8、ウェブ台頭期(1995~2005年)の時代には、国内においてもTCP/IPが普及し、各ベンダーやSIがsocket通信をプログラミングに記述し、前述の1電文のやりとりをUNIXやC言語に置き換えた。ここまでは一般的な話であるが、そもそもsocket通信のコーディングは汚くなりやすい。当時IT業界において、C言語socketでのコーディング規約は無く、標準APIも無かった時代である。当然のことながら、ホスト名、ユーザーID/パスワードは埋め込むことから始めていた。

 しかし当時、図8の管理企業と契約企業側に、互いに導入するソフトウェアとしてEAIEnterprise Application Integration:米Metaが提唱した定義、Metaは後にGartnerに買収される)が誕生した。このEAIでは、コーディングする部分が簡素化され、認証なども標準化されるようになった。2000年以降、EAIを導入した企業が出始め、初期のケーススタディでは、SybaseとEAIを使った証券会社の各拠点の時価の更新などがあった。従来の汎用機の時代、トレーダーは時価の配給業者より専用画面で時価を別に眺めていたが、EAIが普及した結果、ほぼリアルタイムで時価の洗い替え処理を(ロンドン、ニューヨーク、東京など)グローバルで更新することが可能となった。

 一方、流通ECサイトの決済では、これまで発注こそ、ほぼリアルであったが、決済は、週末(月末)銀行振り込みなど、時間を要していた。しかし、ウェブ台頭期(1995~2005年)での特にコンシューマーにおいて、クレジットカード決済をウェブ上で実現できるようになり、ほぼ即時決済が可能となった。国内でも、クレジットカード番号16桁、月(2桁)/年(2桁)を当たり前のように入力するECサイトが増え、当時、初期のハッキング事件も出始めた。いわゆる「他人のクレジットカードを利用したなりすまし」である。

 このなりすましに対し、ITでできる部分として、海外では例えば、CVV2(3桁、確認番号)などの付加情報を追加していた。さらに、ECサイトで(同一店舗で)1枚のクレジットカードを利用し、大口のPCを2台連続で購入した場合などに、カード会社から契約者に直接電話するなど、コールセンターでの対応も始まっていた。国内でこのあたりのセキュリティの議論が始まるには、もう少し時間がかかる。

まとめ

図9
図9 黎明期からウェブ台頭期までのまとめ、出典:サイバー研究所(2017年10月)

 図9は、黎明期(金融オンライン化の時代:1970~1990年代)からウェブ台頭期(1995~2005年)までをまとめた年表である。初期の20年間は、手作業が機械化され、大きな恩恵やイノベーションがもたらされたことは言うまでもない。次のウェブ台頭期の15年間は、インターネット化、ブローバンド化による処理の高速化がもたらされた。この時期は、イノベーションもさることながら、初期のセキュリティ侵害(なりすましなどの事件)が確認されるようになった。

 次回は、「現在(2005~2017年)」のテクノロジやセキュリティについて解説しよう。

著者:石橋正彦(いしばし まさひこ)
サイバー研究所(Cyber lab)アナリスト
日本ユニバック(現日本ユニシス)、VERITAS Software(現Veritas Technologies)、BearingPoint(現PwC)、Gartner、大宣システムサービスを経て現職。都市銀行を中心に、SWIFTネットワーク、カストディー、人事システムの開発や災害対策を経て、セキュリティ監査人、IoT講師、アナリストを専門とする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]