編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

「Red Hat OpenShift Container Platform 3.7」、AWSのサービスと統合可能に

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2017-11-21 11:57

 「Kubernetes」はクラウドコンテナオーケストレーションプログラムになっており、Red Hatは2015年にKubernetesを採用した。そして「Red Hat OpenShift Container Platform 3.7」のリリースによって、Kubernetesの利用をさらに拡大している。

 OpenShift Container Platform 3.7は、Red HatによるエンタープライズグレードのKubernetesコンテナアプリケーションプラットフォームの最新バージョンであり、データセンター、そしてパブリッククラウドでコンテナの構築や管理を支援する。Red Hatは、人気の高いAmazon Web Services(AWS)にOpenShift Container Platformから直接アクセスすることを可能にした。この統合により、これまでより簡単にOpenShiftからAWSのサービスを設定しデプロイすることができるようになる。

 リリース時に、OpenShift Container Platform 3.7を通して利用可能なAWSのサービスには以下のものが含まれる。

  • 「Amazon Simple Queue Service」(SQS)
  • 「Amazon Relational Database Services」(RDS)
  • 「Amazon Route 53」
  • 「Amazon Simple Storage Services」(S3)
  • 「Amazon Simple Notification Service」(SNS)
  • 「Amazon ElastiCache」
  • 「Amazon Redshift」
  • 「Amazon DynamoDB」
  • 「Amazon Elastic MapReduce」(EMR)

 Red Hatはプライベートクラウドに見切りを付けたわけではなく、ハイブリッドクラウドの今後を見据えている。同社はパブリッククラウドとオンプレミスのリソースのサービス群をOpenShiftベースのアプリケーションと結びつけることで、そうした未来のビジョンの実現を支援していく。これはクラウドネイティブのエンタープライズアプリケーションに対して、一貫性のあるオープンな標準ベースの基盤を提供するだろう。

 Red HatのOpenShift Online担当リードデベロッパーアドボケートであるSteve Pousty氏が先頃、The Linux Foundationの「Open Source Summit」で述べたように、Kubernetesは「コンテナを使用するクラウドネイティブコンピューティングの共通の運用基盤」としての役割を果たす。Pousty氏は、「Red Hatにとって、KubernetesはクラウドのLinuxカーネルだ。皆がこのインフラストラクチャを基盤として、さまざまなものを構築するようになるだろう」と言い添えた。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]