編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧
海外コメンタリー

AIや自動化で大幅な効率向上が期待できる5つの職 - (page 3)

Conner Forrest (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2017-12-08 06:30

 AIが自動的に適切な情報を提供するようになるため、モバイル開発者は、文脈に合ったユーザー体験を簡単に生み出せるようになる可能性もある。ソフトウェアに関して言えば、AIはセキュリティの自動化や、場合によっては追加機能の開発などにも役立つため、製品開発も容易になる。

 Sapp氏は、「AIを利用することで、より回復力の高いシステムやアプリケーションの開発が大きく変わるかもしれない。これには、自動復旧アプリケーションからコーディングの自動化までさまざまな要素が含まれる」と述べている。

5.CIO

 AIや自動化は、最前線にいる技術職の仕事だけでなく、ITリーダーや管理職の仕事にも影響を与える。Forrester ResearchのGownder氏は、特に最高情報責任者(CIO)の組織に対する見方は大きく変わるだろうと述べている。

 同氏は「CIOの部下は、デジタル労働者(RPAやAIプログラム、チャットボットなど)と人間の組み合わせになる。この体制では、人間の従業員をトレーニングして、ロボット工学指数(Robotics Quotient、RQ)を高める必要がある。RQとは、機械やAIをうまく使うために必要なスキルの習得度を測る指数を指すForresterの用語だ」と述べている。

 この新たな組織構造では、効果的に機械に仕事を任せ、人間の従業員には重要な仕事を預けられるようになる可能性がある。

 また、パーソナルアシスタントによる効率の向上もある。451 ResearchのPatience氏は、現在は上級の役員だけが人間のアシスタントを置いている傾向が強いが、将来はすべての労働者がAIアシスタントを利用できるようになると述べている。これはより効率的なスケジューリングにつながり、CIOが参加者全員の都合に合わせたミーティングを計画することも簡単になる。

AI
提供:iStockphoto/chombosan

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]