編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

IoT、AI、セキュリティ--米ZDNet記者が予想する2018年テクノロジ業界

Larry Dignan Chris Duckett Steve Ranger Jason Hiner (ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2018-01-04 06:30

 2018年のテクノロジの展望について確実に分かっていることは、確実なことなどないということだけだ。ただしセキュリティ上の新たな脅威や、ブロックチェーンや人工知能(AI)などのテクノロジの状況を考えれば、2018年も興味深い年になる可能性が高い。この記事では、米ZDNetの記者が2018年の展望について予想する。

セキュリティがサプライチェーンの問題に

 企業が自社のセキュリティだけを心配し、独立したシステムとして扱えた時代は遠い昔に終わった。

 いくつもの「as-a-service」が相互につながり、アウトソーシングや業務委託が入り交じる世界では、攻撃者が利用できる攻撃ベクトルは無数に考えられ、簡単にはそれを防ぎきることはできなくなろうとしている。

 例えば2017年10月に、オーストラリア国防省の情報機関であるオーストラリア信号局から「F-35」「P-8」「C-130」の機密情報が盗まれた事件について考えてみよう。

 これは国防省やLockheed MartinやBoeingなどの大企業を標的にした攻撃ではなく、サプライチェーンの下流にあった小さな会社に対するものだった。オーストラリア政府は、この事件に関する政府の責任を否定する見解を発表しているようだが、過去のある時点で、必要な保護措置ができない可能性がある企業にデータを渡すという判断が行われたことは事実であり、その判断を下した人物には責任があるはずだ。

 自社の評判を守りたければ、扱っているのが国防に関する情報でなくても、取引業者の情報セキュリティについて詳しく確認するのはよい考えだろう。

 民間軍事会社TigerSwanから1万件近くの履歴書情報などが流出した2017年9月のケースでは、TigerSwanと同社の契約企業TalentPenは当面の間悪影響を被ることになるだろう。

 その悪影響は、訴訟以外にも、これらの企業に対するセキュリティ面での評価が下がるという形で現れるかもしれない。

 企業が法律や規制、保険会社などから追及を受けるのを避けるためには、一刻も早く自社のセキュリティ体制を見直す必要がある。

IoTがエッジに重心を移す

 データセンター向けハードウェアベンダーしか書けないようなどんでん返しのシナリオだが、今後はコンピューティングやネットワーク、ストレージにさらなる強化が必要になる。今後はモノのインターネット(IoT)のエッジに近いところにサーバを置くのが良いとされるようになる。なぜなら、クラウドはIoTにとって重要だが、アナリティクスをリアルタイムで実行する必要がある場合、データを大量に送受信するコストは高すぎるためだ。Dell TechnologiesHewlett-Packard Enterpriseをはじめとするソリューションベンダーは、このIoTとエッジを重視するシナリオに対応しつつある。

 Gartnerはこの状況を1枚のスライドにまとめている。

Gartner

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]