松岡功の一言もの申す

提携強化したIBMとセールスフォースの“特別な関係” - (page 2)

松岡功

2018-01-25 11:00

ビジネスAIを強みとした企業向けプロ連合に

 今回の提携強化の発表からみて、両社のパートナーシップは着実に進展しており、今後さらに深まって“特別な関係”になりそうだ。筆者がそう感じる理由は2つある。

 1つは、IBMのWatsonもSalesforceのEinsteinも「ビジネスのためのAIプラットフォーム」だからだ。これは、全方位に展開するGoogleやAmazon.comなどのAIプラットフォームとの違いを示すために、とりわけIBMがよく使っている表現だが、企業向けサービスを提供するSalesforceも同じだ。従って、両社のパートナーシップがさらに深まっていけば、「ビジネスAIとクラウドを強みとした企業向けプロフェッショナル連合」としての価値がますます高まっていくだろう。

 もう1つは、先述したように、SalesforceがIBMをクラウドサービスプロバイダーとして、また、IBMがSalesforceのサービスをカスタマーエンゲージメントプラットフォームとして、それぞれ優先的に選定したことだ。これは両社の営業活動にも大きく影響する話だ。営業の観点からも、バックエンドに強みを持つIBMと、フロントエンドに強みを持つSaleforceの組み合わせは補完関係もあり、顧客に対してソリューションを提案しやすいのではないか。この方向で勢いがついていけば、両社の関係はさらに特別なものになっていく可能性がある。

 Salesforceの日本法人であるセールスフォース・ドットコムでパートナーアライアンスを担当する北原祐司執行役員によると、「日本でも両社で連携した営業活動が順調に進んでいる」とのこと。折しもIBMにとっては、2017年10〜12月期決算で23四半期ぶりに増収に転じたタイミングで、反転攻勢の気運が高まっているところでの今回の動き。両社の関係はまだまだ次なるシナリオがありそうだ。


IBMとSalesforce.comの提携強化の発表リリース(IBMのサイトより)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]