編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

「Microsoft Azure」の「Standard」サポートが大幅値下げ

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2018-01-26 11:56

 Microsoftは、「Microsoft Azure」における「Standard」サポートプランの価格を月額100ドル(日本では1万1200円)に引き下げたと発表した。

 同社は米国時間1月25日の発表で「価格の大幅な引き下げ」だと記している。同サポートプランの価格はこれまで月額300ドルだった。

 FAQページによると、新価格の適用を受けるには、Azure.comから「Microsoft Online Services Agreement」(MOSA)契約を通じたStandardサポートを直接購入する必要があるという。

 「Enterprise Agreement」(EA)契約を締結している顧客はこの価格改定の適用対象にならない。

 同社はまた、Standardサポートの条項を改訂し、事業に大きな影響が発生する場合(重大度A)に対する応答時間を2時間から1時間に短縮している。

 既にStandardサポートの適用対象となっている顧客は、特に何の作業も行う必要がない。これらの顧客は、サブスクリプション契約の残余期間中、次の請求期間から1カ月あたり200ドル分のクレジットを受け取ることになる。

 「Amazon Web Services」(AWS)における同等のサポートプラン「AWS Business」は月額100ドルからとなっている。Microsoftが1段階上のサポートとして提供している「Professional Direct」は、中~大規模企業向けのものとなっており、その価格は月額1000ドル(11万2000円)だ。

「Microsoft Azure」の「Standard」サポートが大幅値下げ

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]