オラクルのエリソン氏、「Oracle Autonomous Transaction Processing」披露--AWSには忘れずにジャブ

Stephanie Condon (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2018-08-08 11:32

 Oracleの最高技術責任者(CTO)、Larry Ellison氏は米国時間8月7日、Oracleの自律データベースの最新技術となる「Oracle Autonomous Transaction Processing」を披露した。

 Oracleは2017年10月、サイバーセキュリティシステムとともに自律型データベースを発表した。3月には、Oracleがリリースを予定している複数の「Oracle Autonomous Database Cloud」サービスの第1弾として「Autonomous Data Warehouse Cloud」を一般公開(GA)した。Autonomous Data Warehouse Cloudは、機械学習を利用して高速でシンプルなデータウェアハウスを可能にするものだ。Oracle Autonomous Database Cloudの第2弾となる今回のAutonomous Transaction Processingサービスにより、データベースがトランザクションプロセス向けにも最適化できるようになった、とEllison氏は説明する。

Oracle Autonomous Database

 「この2つのシステムの間で、Oracleの自律データベースは全てのワークロードを処理できる」とEllison氏は述べた。

 Ellison氏は最新のサービスをAmazon Web Servicesの「Aurora」と比較し、Auroraが最高の状態の時と比べても自社製品が12倍高速だと主張した。「複雑なワークロードになった瞬間、我々のシステムはAuroraの100倍高速になる」(Ellison氏)。

 Ellison氏はこれまで通り、AWSへの攻撃の手を緩めなかった。今回は、Amazonが2020年までに社内システムからOracleのデータベースを完全になくす計画があると言う報道を話題にし、「そんなことができるとは思えない」と述べた。

 Amazonのワークロードをマイグレーションするのは長い作業となりそうだが、Ellison氏は「Oracleなしになるまでに10年もかかっている。そして今でも、Oracle製品を使っている」と述べた。

 そしてEllison氏は「自社をOracleの競合だと思っているようだが、AmazonがOracleを使っていると言うのはバツが悪い話だ」と言い、もう1社の競合であるSAPもクラウドアプリケーションがOracle上で動いていると述べた。

 Ellison氏のコメントについてAmazonに回答を求めたが、執筆時では得られていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]