編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

写真で見る、世界最速スーパーコンピュータ上位25システム

Nick Heath (TechRepublic) 翻訳校正: 石橋啓一郎 編集部

2018-12-01 08:30

米国が再びトップに

 11月に発表された、2018年の2回目となるスーパーコンピュータランキング「TOP500」では、米国のシステムが、競合する中国のスーパーコンピュータに対するリードを広げた。

 最新のTOP500のトップを占めたのは、米エネルギー省(DOE)のスーパーコンピュータ「Summit」で、このシステムは1秒間に14京回の浮動小数点演算を実行する能力を持っている。Summitが首位になるのは今回が2回目だ。

 やはり米国のスーパーコンピュータであるローレンスリバモア国立研究所の「Sierra」は、中国江蘇省無錫市の国立スーパーコンピュータセンターにある「Sunway TaihuLight(神威・太湖之光)」を上回って2位にランクインし、リストの上位2システムを米国が占めることになった。

 トップ25のリストには多くの変化もあったが、多くのシステムはIntel製CPUとともに、NVIDIAのGPUを使用やメニーコアのIntel「Xeon Phi」プロセッサを使用している。

 TOP500のスーパーコンピュータの中で、もっとも強力な上位25システムを写真とともに振り返る。

米国が再びトップに

 11月に発表された、2018年の2回目となるスーパーコンピュータランキング「TOP500」では、米国のシステムが、競合する中国のスーパーコンピュータに対するリードを広げた。

 最新のTOP500のトップを占めたのは、米エネルギー省(DOE)のスーパーコンピュータ「Summit」で、このシステムは1秒間に14京回の浮動小数点演算を実行する能力を持っている。Summitが首位になるのは今回が2回目だ。

 やはり米国のスーパーコンピュータであるローレンスリバモア国立研究所の「Sierra」は、中国江蘇省無錫市の国立スーパーコンピュータセンターにある「Sunway TaihuLight(神威・太湖之光)」を上回って2位にランクインし、リストの上位2システムを米国が占めることになった。

 トップ25のリストには多くの変化もあったが、多くのシステムはIntel製CPUとともに、NVIDIAのGPUを使用やメニーコアのIntel「Xeon Phi」プロセッサを使用している。

 TOP500のスーパーコンピュータの中で、もっとも強力な上位25システムを写真とともに振り返る。

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]