編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

「Windows 10 May 2019 Update」のインストール、一部のAMDシステムで完了せず

Catalin Cimpanu (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-05-28 10:18

 Microsoftが米国時間5月21日に明らかにしたところによると、「Windows 10 May 2019 Update」(バージョン1903)のインストールが、一部のAMDシステム上で完了しないという。

AMD

 Microsoftによると、この問題の原因は、AMDの提供する一部のRAIDドライバーが同アップデートとの互換性を有していないことにあるという。

 「AMD Ryzen」プロセッサーあるいは「AMD Ryzen Threadripper」プロセッサーを搭載している「Windows 10」システムで、SATAモードあるいはNVMe RAIDモードが設定されている場合、バージョン1903のインストール処理が停止する。

 インストール処理が停止する理由は、SATAモードあるいはNVMe RAIDモードをサポートしているAMDの一部のRAIDドライバーが同アップデートとの互換性を有していないためだ。

 なお、バージョン1903をクリーンインストールする場合でも、同じ理由でインストール処理が停止する。

 MicrosoftとAMDはいずれも、それぞれのサポートページにおいてこの問題の存在を認めている。幸いなことに、この問題はユーザー側ですぐに解決が可能である。

 MicrosoftとAMDは、この問題に遭遇した場合に「AMD RAID Installer」(SATAおよびNVMe RAID)ドライバーの最新版(v9.2.0.105)をダウンロード、インストールするよう推奨している。

 AMDによるとこの問題は、バージョン1903で「特定のデバイスドライバーに対して、Device Input/Output Control(IOCTL)に関する新たな要求が追加された」ために発生したという。

 Microsoftは21日からバージョン1903のロールアウトを世界規模で開始した。同バージョンには極めて多くの機能が搭載されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]