編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

デル、ハイブリッドクラウド導入向けのサブスクリプションモデル発表

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-02-27 11:53

 Dell Technologiesは米国時間2月25日、ハイブリッドクラウド配備向けの新たなサブスクリプションベースのモデルを発表した。「Dell EMC VxRail」で利用できる。このモデルには、ハードウェアやソフトウェアとともに、サポートや配備、アセットリカバリーといった、配備を従来よりも円滑化するためのサービスが含まれている。

 契約期間は1年あるいは3年で、価格はノードおよび月単位で決定され、最も安いケースでは1ノードあたり1日70ドル(約7700円)となる。また、配備に必要な時間は最短で2週間だとDellは述べている。

 Dellは、この製品について業界で「最も迅速に配備できるハイブリッドクラウドだ」と説明している。

 Dellでクラウドプラットフォームおよびソリューションを担当するシニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーのDeepak Patil氏は声明で、「このハイブリッドクラウド/マルチクラウド時代に、組織はクラウドコピューティングを目的ではなく、運用モデルとして捉えている。彼らが求めているのは、ワークロードがどこにあろうと、共通の運用とコストの透明性を実現できる、簡素化されたITエクスペリエンスだ」と述べている。

 この新たな製品は、「Dell Technologies Cloud」のポートフォリオを拡大するとともに、「Dell Technologies On Demand」と呼ばれる、コンサンプション(消費)ベースの、より幅広いXaaS製品ポートフォリオの一角を形成するものだ。

 Dellのハイブリッドクラウド戦略が目指しているのは、データセンターやハイブリッドクラウドに関する同社のテクノロジーを、パブリッククラウドプロバイダーと結びつけることだ。VMwareは、Dellにおけるクラウド展開の要であり、社内と社外のリソース上にまたがって展開されているクラウドプラットフォームを連携させるようなソフトウェアを提供する。また、VxRailによってVMwareエコシステム全体で緊密な統合が実現される。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]