編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

マイクロソフト、共同編集を容易にする「Fluid Framework」をオープンソース化へ

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2020-05-20 11:53

 Microsoftが「Build 2019」で発表した「Fluid Framework」テクノロジーのオープンソース化を計画している。関係者が「Build 2020」で述べたところによると、Fluid Frameworkの最初のユーザー向け体験をまず「Outlook」ウェブアプリと「Office.com」で提供する準備が既に整っているという。

 Fluid Frameworkは、共同編集を容易にするためにMicrosoftが構築したインフラストラクチャーテクノロジーだ。アプリケーションやドキュメント内にコンポーネントを埋め込むと、このコラボレーション技術によって常に最新の状態に維持される仕組みだ。

 MicrosoftはFluid Frameworkをオープンソース化することで、あらゆる種類の開発者がそれを使用して、自らのアプリケーションをリアルタイムのコラボレーションに対応させることを期待している。Fluid Frameworkのデータ構造は、低遅延の同期を実行し、エンドポイントを接続するリレーサービスを提供する。Microsoftの関係者によると、静的なデータ構造を「fluid」(流動的)なデータ構造に置き換えることで、アプリはリアルタイムのコラボレーションをサポートできるようになるという。Microsoftは、オープンソース化によって、コミュニティーがFluid Frameworkの開発に興味を持ってくれることも期待している。

 同社は「Microsoft 365」のEnterprise版とEducation版のユーザーを対象に、「Fluid Workspaces and Components」のパブリックプレビュー版を「近日中」に公開する予定だ(最初は「Outlook for the web」、次にOffice.com)。最初のパブリックプレビュー版には、基本的なテキスト、表、リスト、議題、およびアクションアイテムが含まれる。これらのアイテムをメッセージやドキュメントに埋め込むと、変更や更新がリアルタイムで反映されるようになる(これが機能するためには、ユーザーが組織のIDでサインインしている必要がある)。

 関係者によると、Microsoftは今後、Fluid Components and Workspacesをさらに強化し、より多くの場所で利用できるようにしていく予定だという。

 Buildが開幕した米国時間5月19日、Microsoftは「Microsoft Teams」の新しいツールと統合も発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]