編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

マイクロソフト「WSL 2」でLinuxのGUIアプリをサポート、GPUの利用も

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2020-05-22 18:24

 「Windows 10」の「Linux System for Windows」(WSL)では、近い将来GUIを使用するLinuxアプリを動かせるようになる。また、ゲストOSのLinux側からGPUのハードウェアアクセラレーションを利用する機能も追加される。

 現在のWSLはコンソールでしか使えないが、WSL 2では、サードパーティーのXサーバーがなくても、LinuxのGUIアプリケーションを実行できるようになる。WSL 2は、2020年5月にリリース予定とされるWindows 10の機能アップデートと一緒に配信される予定だ。

 Microsoftは、WSL 2上で実行されるLinuxベースの機械学習ワークロードでGPUのハードウェアアクセレレーションを利用できるようにするために、通常はWindows PCでゲームを動かすのに使用される、「DirectX」のグラフィック用APIを使用している。

 同社はこれを実現するために、WSL 2のLinuxカーネルに、DirectXベースのLinux用カーネルドライバー(「dxgkrnl」のLinux版)を導入した。このドライバーは、サポート対象のGPUハードウェアに接続するためのものだ。

 Microsoftによると、これはLinuxコンテナーを使ってクラウドに展開するワークロードを、WSL 2を使ってPCでテストしたい開発者の要望に対応している。

 Microsoftが説明しているように、これまでのGPUの仮想化は、ゲストOSのLinuxではなく、VMやコンテナの中で実行されているWindows向けのものだった。しかし、「WDDM」(Windows Display Driver Model)のバージョン2.9では、ゲストOSのLinuxも仮想化されたGPUを使えるようになった。

 Microsoftのパートナー開発リードであるSteve Pronovost氏は、「Linux環境で実行されているアプリケーションは、Windowsのネイティブアプリケーションと同じようにGPUにアクセスできる」と述べている。

 「LinuxとWindowsの間でリソースが分割されているわけでもないし、Linuxアプリケーションに対する制限もない。リソースの共有は、完全にどれが何を必要としているかに応じて動的に決定される。

 基本的に、GPUを共有する2つのWindowsアプリケーションと、同じGPUを共有するLinuxアプリケーションとWindowsアプリケーションの間に違いはない。GPUを使っているのがLinuxアプリケーションだけなら、すべてのリソースを独占できる」(Pronovost氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]