編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

「Windows 10X」の新たなビルドのイメージが流出か

Mary Jo Foley (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-01-15 10:51

 Microsoftの「Windows 10X」の最終版に近いビルドと考えられるもののイメージが米国時間1月13日の夜、ウェブ上に流出したようだ。見た目は、ここしばらく予想されていたものと大きく違ってはいない。2021年にPC向けとしてリリースされるとみられる、より合理化されたバージョンのこの「Windows」は、現場を支える要員や、教育分野の人々をターゲットとする製品となりそうだ。

 2019年に報じられた時点のWindows 10X(開発コード名:「Windows Lite」/「Santorini」)は、上部の検索バーや、ユーザーが利用するアプリやウェブサイト、ドキュメントなどの固定アイコン一覧を含む、新たなスタートメニューを特徴としていた。それは現時点でも変わっていないようだ(Thurrott.comによるWindows 10Xの最新画面とみられるイメージを参照してほしい)。

 Windows 10Xは当初、デュアルスクリーンを搭載した折り畳みデバイス向けとして市場に投入される予定だったが、2021年春に登場する可能性のある製品は、このOSがプリインストールされたシングルスクリーン搭載ノートPCと、2in1型ノートPCになりそうだ(既存PC向けには提供されない)。筆者が聞き及んだところによると、Windows 10Xはまず、サードパーティー製のIntelベースのデバイスでのみ稼働することになるという。将来的には1機種、あるいはそれ以上の「Surface」デバイスでWindows 10Xが稼働するようになり、どこかの時点でArmベースのデバイスもサポートされるだろう。

 2020年の記事で報じたように、MicrosoftはWindows 10Xの最初のイテレーションでWin32アプリをサポートするとしていなかった。しかし、回避策はありそうだ。公式に発表されていないものの、「Microsoft Azure」をベースにしたDesktop as a Serviceの「Cloud PC」も、筆者が耳にしたところ2021年春に登場する可能性もあるかもしれない。

 筆者は、同社がWindows 10XのセールスポイントとしてCloud PCにますます力を入れていくと考えている。2020年12月時点でのMicrosoftの人材募集サイトを見て、その見方は強まっている。同サイトでは以下に記すように、Windows 10Xと、「Cloud-Powered Windows Devices」(クラウドを活用したWindowsデバイス)、すなわちCWDのチームを同列に扱っている。

 「Windows 10Xは、Microsoftとその他数々のOEMパートナーが世に送り出す、次世代のフォームファクターを有するデバイスで稼働する新世代のWindows OSだ!われわれのチーム、すなわちCWDは、モバイルワーカーや教育分野での利用機会を念頭に置いたカテゴリーを生み出すようなハードウェアの実現に向け、革新的なユーザーエクスペリエンスを作り出していく。私たちが開発するソフトウェアは、フラッグシップの「Surface」ブランドのような次世代のフォームファクターを持つデバイスや、当社と関係の深いOEMパートナーが開発する競合デバイスに新しいものをもたらす」

 あるいは、「Cloud-Powered」(クラウドを活用した)というのは、単に「Microsoft 365」や「OneDrive」「Office」ウェブアプリなどの関連サービスを指す可能性もあるだろうか。Microsoftと一部のOEMパートナーは数年前の一時期、「Microsoft 365を利用するデバイス」として、一部のPCをマーケティングするアイデアを検討していたようだった。Microsoftはこの名称を利用することをやめたようだが、「Cloud-Powered」というデバイスのアイデアを新たに試す用意が近く整うかもしれない。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]