IBMから分社化したキンドリル、ヴイエムウェアと提携拡大--SAPとの連携も

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-11-22 11:02

 Kyndrylは米国時間11月19日、VMwareとの提携を拡大すると発表した。また同日、SAPの運用能力関連の認証を取得したことを明らかにした。

 マネージドインフラサービス大手のKyndrylは11月に入り、IBMからの分社化を完了し、その翌週にはMicrosoftとの戦略的パートナーシップを発表している。VMwareとの提供強化は、アプリのモダナイゼーションとマルチクラウドサービスに重点を置いている。またKyndrylは、VMwareとともにイノベーションセンターを設立する。VMwareも最近、Dell Technologiesからスピンオフした。

 KyndrylとVMwareの提携強化における要点は以下の通り。

  • マルチクラウドのインフラと管理、マネージドアプリケーション、デジタルワークスペースサービス、レジリエンスとセキュリティ、ネットワークとエッジコンピューティングのソリューションに注力していく。
  • 専門性と能力、リソースという点で、地域など局所的なレベル、そして世界的なレベルで一貫性を確立している。
  • 共同イノベーション拠点「Joint Innovation Lab」(JIL)を設立する。JILのプログラムは、「VMware Tanzu」を用いたアプリのモダナイゼーション、コンテナー、オブザーバビリティー、セキュリティのほか、マルチクラウドソリューションに注力する。
  • 提携を強化することで、「VMware Cross-Cloud」サービスをサポートし、複数のクラウド環境に対応する。

 またKyndrylは、SAPとのパートナーシップに関して、グローバルなクラウドおよびインフラの運用能力に関するSAP認証を取得したと発表した。この認証は「SAP HANA」、ホスティング、「SAP S/4HANA」ソリューション、「SAP Business Suite」ソリューション、「SAP SuccessFactors」ソリューション、DevOpsなどに関するグローバルな運用能力を対象としている。

 Kyndrylはこれまでにも、クラウド配備やプロジェクト管理、マイグレーション、データと人工知能(AI)の統合など、さまざまなSAPサービスを提供している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]