編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」
松岡功の「今週の明言」

ガートナーのアナリストが説く「エッジ×機械学習」のインパクトとは

松岡功

2021-12-10 11:23

 本連載「松岡功の『今週の明言』」では毎週、ICT業界のキーパーソンたちが記者会見やイベントなどで明言した言葉を幾つか取り上げ、その意味や背景などを解説している。

 今回は、Gartner バイスプレジデント,アナリストのBob Gill氏と、サイトコア 代表取締役カントリーマネージャーの酒井秀樹氏の発言を紹介する。

 

「エッジでの機械学習の活用が新たなキラーアプリを生み出す」
(Gartner バイスプレジデント,アナリストのBob Gill氏)

Gartner バイスプレジデント,アナリストのBob Gill氏
Gartner バイスプレジデント,アナリストのBob Gill氏

 ガートナージャパンが12月1〜2日にオンラインで開催した「ガートナー ITインフラストラクチャ、オペレーション&クラウド戦略コンファレンス」において、米Gartner バイスプレジデント,アナリストを務めるBob Gill(ボブ・ギル)氏が「エッジコンピューティングの戦略的ロードマップ:2022年」と題した講演を行った。同氏の冒頭の発言はその講演の中で語ったものである。

 Gill氏はまずエッジコンピューティングのポイントについて、「クラウドコンピューティングを補完する企業の戦略上の要素である」「革新的なアプリケーションとビジネスモデルを実践できる」「分散型の機械学習(ML)によってデータ資産を活用できる」といった点を挙げ、「エッジはクラウドのパワーを一層増大させ、さまざまな用途に対して可能性を広げるものだ」と強調した。

 その上で本題であるエッジの戦略的ロードマップについて、まず表1にGartnerの戦略的ロードマップの見方を示し、それに基づいた「2022に向けたロードマップ」の内容を表2に掲げた。従って、表2の内容はGill氏の講演全体を1枚の表に収めたものともいえる。字が小さくて見づらいのはご容赦いただくとして、エッジ活用の今後についてご興味のある方はぜひ内容をチェックしていただきたい。表1の説明にあるように、未来像と現状について挙げた上でそのギャップを分析し、対策についても提案している。

Gartnerの戦略的ロードマップの見方(出典:Gartner)
表1:Gartnerの戦略的ロードマップの見方(出典:Gartner)

 筆者が表2の未来像で最も注目したのは、下から2番目に記されている「エッジでの機械学習とビデオアナリティクスが基礎的な機能であることが判明する」との項目だ。この意図について説明する段階でGill氏が強調したのが、冒頭の発言である。

エッジコンピューティングの戦略的ロードマップ:2022年(出典:Gartner)
表2:エッジコンピューティングの戦略的ロードマップ:2022年(出典:Gartner)

 同氏はさらに、「2027年までに、エッジのユースケースの6割以上に機械学習の推論が含まれるようになる」との予測を述べ、「機械学習がエッジで発生する膨大な量のデータを活用したインテリジェンスを大幅に向上させる」と説明した。

 その適用例として、同氏は「エッジでのビデオアナリティクス」を挙げ、次のように語った。

 「エッジでのビデオアナリティクスは、例えば、製造現場での溶接品質分析や大きな建物に設置されたエスカレーターの異常検知など、多様なエッジアプリケーションの基盤として幅広く展開されるだろう」

 果たして、「エッジ×機械学習」によってどんなキラーアプリが生まれるか、注目していきたい。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]