編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」
海外コメンタリー

オートデスクのCEOが語る、メタバースが抱える大きな課題

Stephanie Condon (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-10-06 06:30

 2022年に入って、「メタバース」ほど話題になった流行語は少ない。ソフトウェア開発企業Autodeskの最高経営責任者(CEO)Andrew Anagnost氏は、このコンセプトが「ハイプのピーク期」に差し掛かっていることを認めている。

Twinmotion
提供:Autodesk

 Anagnost氏は、同社の年次イベント「Autodesk University」の前に米ZDNetの取材に応じ、「ハイプサイクルについては知っていますよね?」と尋ねた。詳しくない人のために説明すると、ハイプサイクルはGartnerが提唱しているテクノロジーのライフサイクルを説明するモデルであり、このモデルでは「過度な期待のピーク期」の後に「幻滅期」がやってくる。

 それでもAutodeskは、メタバースの概念に全力で取り組んでいるという。同社は、建築家、エンジニア、製品デザイナーや、メディア・エンターテインメント業界のプロフェッショナルを含む、さまざまな「作り手」に広く使われているソフトウェアを作っている企業だ。同社の顧客層は、XR(仮想現実や拡張現実、あるいはその間にあるあらゆるものを含む概念)のメリットを受けられる可能性が高い。

 Anagnost氏は、「将来は、建築物の設計や、建築物に関する問題解決、建設現場の問題解決、製造現場の問題解決が、仮想空間で協力しながら行われることになるだろう」と語った。「仮想空間でのコラボレーションや、現場での拡張現実の活用は、私たちの顧客にとって今後非常に重要なものになるはずだ」

 Autodesk Universityでは、メタバースの到来に備えた同社の最新の取り組みが発表された。「フォートナイト」で有名なゲームメーカーであるEpic Gamesと提携し、リアルタイム性に優れ没入感の高いコラボレーション環境を建築・土木・建設業界向けに提供することが明らかにされたのもその中の1つだ。「Autodesk Revit」の顧客は、サブスクリプションに含まれるサービスとして、2022年中にEpic Gamesの「Twinmotion」を利用できるようになるという。

建物の図面
提供:Autodesk

 Autodesk Revitは、建築設計者、エンジニア、メカニカルデザイナー、建設会社などを始めとする業界のエンジニアによって使われているBIM(Building Information Modeling)ソフトウェアだ。一方、Twinmotionは、リアルタイム3Dビジュアライゼーションソフトウェアであり、建築業、家庭用品製造業、運送業、ファッション業界などの業界で使用されている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]