協和キリン海外子会社がERP基盤を構築、アバナードが支援

NO BUDGET

2023-06-14 06:33

 アバナードは、協和キリンのアジア太平洋、北米、欧州・中東・アフリカ(EMEA)などの海外子会社におけるERP基盤の整備とそれに伴う運用保守の支援を進めていると発表した。

 協和キリンは、各子会社に導入するERPに「Microsoft Dynamics 365 FO(Finance and Operations)」を選定し、アバナードを構築パートナーとした。Microsoft Dynamics 365について協和キリンは、クラウドに移行できる点や、自社のビジネス規模に合ったコストとユーザービリティの高さを評価して採用に至った。

 今回の取り組みにより協和キリンは、グローバルでのシステム、業務の標準化と、システム投資の最適化が実現した。また、プラットフォームが統一されたことで、国内本社で業務プロセスをコントロールできるようになった。

 この取り組みの以前は、各地域がそれぞれ課題を抱え、アジア太平洋地域ではシンガポールでのの地域統括会社設立に伴う地域全体の統合管理、北米では欧州販売会社販社の仕組みを借りた運用形態の刷新、EMEAでは分断していたITシステムの統合が課題になっていた。また、ERP導入および基盤整備にはリモートで海外の複数の構築プロジェクトを並行して進め、オンサイトで構築体制を組む必要もあった。

 協和キリンは。ERP導入を2019年6月のアジア太平洋地区から順次開始していったが、EMEAは既存ERPからのリプレースが必要で、「カスタマイズを最小限にするという前提のもと、旧システムで実現していた機能を新システムにも反映したい」という現地の要望があった。これに対してアバナードは、モックアップを作り、担当者に体験、評価してもらうアジャイル的なアプローチで仕様を固めていったという。

 協和キリンは、日本のERP基盤の統合とグローバル全体でのサプライチェーンの最適化を今後の課題としており、データ活用基盤についてもグローバル全体で一元化を図りたいとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]