編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

キヤノンソフトとラック、DBセキュリティサービスで協業

エースラッシュ

2005-09-16 19:53

 キヤノンソフトウェアとラックは9月16日、オラクルDBにおけるセキュリティ診断、対策、運用監視サービスパッケージである「ASMS DB セキュリティサービスパック」の提供について協業すると発表した。

 ASMS DB セキュリティサービスパックは、情報の流出や破壊、なりすましなどの危険への対策で、診断から導入、運用監視まで一連のDBセキュリティサービスをパッケージ化したものだ。キヤノンソフトウェアがサービスを提供し、DBセキュリティ診断などの一部サービスをラックが担当する。

 DBセキュリティ診断サービスや監査・導入支援サービスに加えて、ユーザーに対応したアラート設定やアクセスログレポートサービス、アクセス監視サービス、アクセスログ蓄積サービスなど、トータルなサポートを提供する。

 提供は10月1日から開始の予定で、パック料金は1DB(1インスタンス)ごとに初期費用350万円、月額費用は70万円。これには運用監視費用が含まれている。両社は今後、金融、メーカー、官公庁、IT関連企業などを中心に、初年度で20社2億円の売上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]