2006 JavaOneレポート--Javaのオープンソース化に反応するSOAベンダーら - (page 2)

徳田浩司(Fusion Reactor)

2006-05-23 13:34

 SOAベースのインテグレーションを実現するプラットフォームとしては、「Sun Java Composite Application Platform Suite」(Sun Java CAPS)が展示されていた。これは、SOAにおいて各サービス同士を再定義し、それをつなぐシステムを開発するツールである。今回のJavaOneで一部オープンソース化が発表され、広く普及することが期待されている。

Gupta氏 Project TangoのリーダーであるSun MicrosystemsのArun Gupta氏

 しかし、従来の企業内システムのアーキテクチャは、データとビジネスプロセスが複雑に絡まった状態で、SOA導入の事前準備としてそれらの分離と整理が必要だ。そのための教育とコンサルティングが欠かせないとして、Sunのブースでは開発ツールのトレーニングコースを紹介していた。また、日本を含め海外の開発においても、各地でコンサルティング部隊を配備し、十分サポートできることをアピールしていた。

 また、JavaプラットフォームとMicrosoft .NETとの互換性を実現するため、Sun MicrosystemsはMicrosoftの協力を得てProject Tangoを実施した。その中で、両プラットフォームの互換性を実現する技術「Web Services Interoperability Technology」(WSIT)がオープンソースとして提供されることになった。ほかにも、複数のプロジェクトでオープンソース化宣言がなされ、オープン化を通じてSOAの普及を推進していくことになる。

xfyで展示ブースを賑わすジャストシステム

ジャストシステム ジャストシステムのブースにて

 エンタープライズソフトウェアベンダーとしてJavaOneでブースを持つ日本企業は数少なかったが、日本からの出展で目立っていたのはジャストシステムだ。同社は、2004年11月にJavaベースのXML文書作成・編集ツール「xfy」を発表しており、今回のJavaOneでの展示もxfyが中心だ。同社は、米国市場でのXMLの活用が日本より進んでいることから、すでに米国拠点での営業活動も開始している。

 今回展示された統合XMLアプリケーション開発・実行環境「xfy Enterprise Solution 1.0」は、IBMやOracleなどのデータベースのさまざまな仕様の違いを吸収し、XMLの初心者でもXML文書が作成できるものだ。同ツールが発表された2005年11月には、xfyとIBMのデータベース「DB2」の次期バージョン「Viper」(開発コード名)を連携させ、ネイティブXMLアプリケーション用のプラットフォームを提供すると発表している。

 具体的な事例としては、株式や為替など、金融情報サービスのアグリゲーションがあげられ、マッシュアップサービスを実現するツールとしても期待されている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]