編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

ニューシティコーポレーション、在日外国人向けに英語版賃貸物件検索サービスを開始

CNET Japan Staff

2006-06-09 09:12

 ニューシティコーポレーション、ブライセン、日本オラクルの3社は6月8日、ニューシティコーポレーションが英語で検索できる賃貸物件検索サービスを、同日より開始したことを発表した。同サービスでは、英語の地図表示が可能になっている。

 総合不動産企業のニューシティコーポレーションはこれまで、日本語による物件検索サービスを提供してきた。今回提供を開始するサービスにはオラクルのミドルウェア製品群「Oracle Fusion Middleware」および「Oracle Database」に格納された対象物件データ、地図の重ね合わせをリアルタイムに反映することを可能にする位置情報サービスソリューション「Oracle Location-Based Servicesフレームワーク」を活用する。

 顧客は住みたいエリアの地図をスクロール表示させながら、リアルタイムに地図上で物件を絞り込めるようになる。今回のシステム構築は、ブライセンが担当し、3カ月で稼働させている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]