編集部からのお知らせ
新着記事まとめ:アジャイル開発が支えるDX
新しい働き方の関連記事はこちら

富士通、3次元設計の仮想検証を支援する「VPS/Knowhow Share」を販売

CNET Japan Staff

2007-01-29 23:10

 富士通はこのほど、3次元仮想設計シミュレータ「VPS(Virtual Product Simulator)」のオプション製品「VPS/Knowhow Share」の販売を開始すると発表した。

 同製品は、VPSを利用して3次元モデルの仮想検証を行う際に、過去の製品設計時に蓄積されたノウハウや注意事項を自動的に表示してくれるツール。設計者の認識不足や検討漏れが原因となる類似の設計ミスの防止などに役立つ。

 また、製品開発段階で発生する注意事項やアイデアなどのノウハウを3次元モデルと紐づけて自動登録することも可能になるため、ノウハウを次代に残す役割も担える。なお、稼働の前提として、「VPS/Digital Mockup」の導入が必要になる。

 10クライアントライセンスの税別価格は、VPS/ Knowhow Share 10Lが1350万円、DMUKSとのセットが3350万円。3月20日に出荷される予定だ。2009年3月末までに6億円の売り上げを目指す。

利用イメージ VPS/Knowhow Shareの利用イメージ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]