編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

OracleとeXsenjuが連携--DBやアプリなどの運用を一元管理へ

CNET Japan Staff

2007-02-23 19:10

 野村総合研究所(NRI)と日本オラクルは2月22日、NRIの運用管理ツール「eXsenju ver2.5」と日本オラクルの「Oracle Enterprise Manager 10g Grid Control」(Oracle Grid Control)を連携させた「eXsenju Oracle管理ソリューション」の提供を開始した。

 新製品は、両社が共同で開発。Windows、Linux、UNIXなどを基盤に構築されたシステムを管理するeXsenjuとアプリケーション、ミドルウェアおよびデータベース(DB)を管理するOracle Grid Controlを組み合わせ、アプリケーション管理者、DB管理者および開発者にチューニングと状況診断を行うための情報を提供する。

 システム運用・管理担当者はeXsenjuのコンソールだけでシステム全体の状況を把握し、性能チューニングやセキュリティ管理などに必要な情報をDB管理者に指示できるようになるという。

 またDB管理者や開発担当者はDBに対する的確・迅速な管理が可能になり、業務効率が向上するという。そのほかにも、システム監視、構成管理、性能監視、障害対応などが効率化され、サービスレベルの向上、運用管理コストの削減、さらにはIT統制の強化やITILなどのフレームワークの対応ができるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]