編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

jMakiでGoogle GearsとJavaをつなげてみた - (page 2)

杉山貴章(オングス)

2007-06-19 14:54

 この拡張は、名前空間を使用したJavaScriptと、設定ファイル(config.json)によるURLとのマッピングによって行う。例えばconfig.jsonにリスト1のように記述し、/resources/jmaki/ext/fooディレクトリにextension.jsという名前でリスト2のようなJavaScriptファイルを用意する。これによって、.jspに対するアクセスをjmaki.extensions.jmaki.ext.foo.Extensionにマッピングすることができる。

リスト1 拡張メカニズムを利用するためのconfig.json

{
  'config': {
    'version': '.9',
    'glue' : {
         'includes': ['/glue.js', '/resources/system-glue.js']
       },
    'extensions': [{url : '/*', 'name' : 'google.gears'}]
    }
}

リスト2 拡張機能を定義するJavaScript

jmaki.namespace("jmaki.extensions.jmaki.ext.foo");

jmaki.extensions.jmaki.ext.foo.Extension = function(args) {
    // some script
}

Google Gearsとのインテグレーションはこの拡張メカニズムを用いて実現できる。

Google Gearsの機能を利用するサンプルアプリケーション

 まず、Google GearsをWebブラウザにインストールしておく。Google Gearsはサイトからダウンロード可能、Windows上のFirefox 1.5およびInternet Explorer 6.0に対応している。

 jMakiはプロジェクトサイトから入手できる。本体は「jmaki-java-0.9.3.1.zip」だが、NetBeansモジュールやEclipseプラグインも同時に公開されている。本稿ではNetBeansを用いて解説する。ただし、現時点でNetBeansモジュールに付属するのはバージョン.9.2なので注意が必要(今回使用するサンプルは問題なく実行できる)。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    IT部門責任者が理解すべき「コンテナとKubernetes」の基礎を網羅

  2. コミュニケーション

    Zoomなどオンライン商談による「ちょっとだけ打ち合わせ」の威力とは?新しい売り方の教科書が登場!

  3. クラウドコンピューティング

    データ活用のためのハイブリッドクラウド基盤構築-データプラットフォームに求められる12の要件

  4. 経営

    脱パスワード 不便と不安を取り除くSSO-メリットと導入方法、ADやM365との連携を解説

  5. コミュニケーション

    事例:9割の業務の段取りを効率化、個人スキル依存から脱却したDFE社のタスク管理改善術

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]