編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

フォトレポート:ハイテクを駆使する現代の「ゴーストハンター」たち - 6/8

CNET News.com Staff

2007-08-13 08:00

 歴史を通して、人類はその時代の最新技術を用い、死後の世界の存在を証明する、あるいは証拠をでっちあげる試みを繰り返してきた。1871年に撮影されたこの写真には、裕福な雑誌編集者とともに、当時すでに故人となっていた弟子の「魂」と称されるものが写っている。実はこの写真は、世界で初めてプロの幽霊写真家となったWilliam Mumler氏によって作成された合成画像で、「幽霊」の姿を写し込むために、複数回にわたり露出が施されている。Mumler氏の手がけた最も有名な写真は、米国大統領エイブラハム・リンカーンが、彼の暗殺後未亡人となった妻、メアリー・トッド・リンカーンの背後に立っているというものだ。Mumler氏がもてはやされたのは、19世紀中ごろから終わりにかけてのスピリチュアリズム隆盛の時期と重なっている。当時は降霊会を催すことが人気の娯楽として、裕福な人々の間で流行していた。しかし、死人と会話ができると主張していた霊媒師のほとんどは、後に偽者だったと暴露されている。一方、現代の「ゴーストハンター」たちは、こうした過去のインチキとは一線を画そうと努力を続けている(キャプション文:Elsa Wenzel)。
 ゴーストハンティング用の機材一式を披露するSharon Leong氏。写真の品々は(時計回りに)キヤノンのデジタルカメラ「PowerShot」、デジタルボイスレコーダ、電磁場(EMF)を測定するオーディオメーター、そして室内の特定の場所の温度を測定する赤外線放射温度計。長期にわたる調査には、デジタルビデオカメラも欠かせない。超常現象を調査する人たちの中には、これ以外に暗視ゴーグル、ガイガーカウンター、コンパスを利用する人もいる。

 ゴーストハンティング用の機材一式を披露するSharon Leong氏。写真の品々は(時計回りに)キヤノンのデジタルカメラ「PowerShot」、デジタルボイスレコーダ、電磁場(EMF)を測定するオーディオメーター、そして室内の特定の場所の温度を測定する赤外線放射温度計。長期にわたる調査には、デジタルビデオカメラも欠かせない。超常現象を調査する人たちの中には、これ以外に暗視ゴーグル、ガイガーカウンター、コンパスを利用する人もいる。

提供:Elsa Wenzel/CNET Networks

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]