編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

業界タイムマシン19XX--番外編1:めくるめく「フローチャート定規」の世界 - 5/8

ZDNet Japan編集部

2007-10-12 20:55

 前回まで、大河原克行氏のナビゲーションで11回にわたってご案内してきた「業界タイムマシン19XX」。IT業界の過去への旅はいかがだったでしょうか? 今回から数回は「番外編」として、過去から現代に流れ着いたIT業界の懐かしい「アイテム」を、編集部がご紹介していきます。
 さて、番外編その1のテーマは「めくるめく『フローチャート定規』の世界」です。
 かつて、ウォーターフォール型の開発手法が主流であり、かつ、PC上で手軽に使える専用のドローソフトがなかった時代。エンジニアにとって、プログラムの「流れ図」やシステムの構成図をキレイに仕上げるための「フローチャート定規(テンプレート)」は、仕事における必須アイテムのひとつでした。開発スタイルの変化や、PCの能力の進化の中で、最近ではめっきり活躍の場が減ってしまった「フローチャート定規」ですが、読者のみなさんの中には、かつてこの定規を「割れるまで使い込んだ!」という方も多いのではないでしょうか。
 実は最近、かつてシステムエンジニアを務めた経歴もあるZDNet Japan編集長のデスクの中から、IT企業各社のフローチャート定規が発掘されました。今回は、それらを見比べつつ、業界の過去に思いをはせてみましょう……。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)
 秘密は、この定規の「フチ」にあります。直線定規としても使われるフローチャート定規のフチは、上面から下面に向かって広がる形、つまり真横から見た場合に「台形」に近くなるようなエッジが切られているケースが多いのですが、このNECのフローチャート定規は、上側のフチと下側のフチが同じ方向、つまり真横から見た場合に「平行四辺形」になるように作られています。そのため、定規を紙に密着させて図を描いている状態から、どちらかのエッジに軽く指を引っかければ、定規自体を滑らせることなく、容易に真上へ持ち上げることができるのです。使い勝手に配慮した小さな工夫がステキですね。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)

 秘密は、この定規の「フチ」にあります。直線定規としても使われるフローチャート定規のフチは、上面から下面に向かって広がる形、つまり真横から見た場合に「台形」に近くなるようなエッジが切られているケースが多いのですが、このNECのフローチャート定規は、上側のフチと下側のフチが同じ方向、つまり真横から見た場合に「平行四辺形」になるように作られています。そのため、定規を紙に密着させて図を描いている状態から、どちらかのエッジに軽く指を引っかければ、定規自体を滑らせることなく、容易に真上へ持ち上げることができるのです。使い勝手に配慮した小さな工夫がステキですね。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]