編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

S2Container.NET 1.3.2・S2Dao.NET 1.3.2リリース

荒浪一城

2007-10-19 18:44

 18日、Seasarプロジェクトは「S2Container.NET 1.3.2」、「S2Dao.NET 1.3.2」をリリースしたと発表した。

 S2Container.NETは、AOP(Aspect Oriented Programming)をサポートしたDI(Dependency Injection)コンテナのひとつ。 .NET Framework環境で動作し、最新バージョンでは.NET Framework 2.0に対応している。また、同梱されている S2Dao.NET と共に利用することで、データアクセス層の生産性をさらに向上させることができるという。

 今回のリリースでの変更点は下記のとおり。

S2Container.NET 1.3.2

  • バグの修正
    • S2Unitで"F+数字"のパターンに一致するカラムを読み込まない
    • GC発生時にS2UnitのReadXlsWriteDbで例外が発生する
  • 新機能
    • Quill でコンポーネントを破棄するための Destroy メソッドを実装する
    • Quill テスト時にMockに置き換えることができる機能を追加する
    • PONOを相互交換するS2Dxo.NETを追加する

S2Dao.NET 1.3.2

  • 改善
    • Setterが呼ばれたColumnだけをUpdateするUpdateModifiedOnly()をサポート
    • 検索(select)でDataSet型を返せるようにする
    • S2PagerのOracle ROW_NUMBER対応
  • New Feature
    • SQLite対応

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]