編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

加速するビジネスインテリジェンス--その背景と市場の今 - (page 2)

柴田克己(編集部)

2007-10-19 20:06

今後は「OSIM」の戦い? さらなる伏兵も……

 ここへきて、これまでBIツール、BIプラットフォームを専業で手がけてきたベンダーだけでなく、マイクロソフトやオラクルといった総合ベンダーや、SAPなどのアプリケーションベンダーのBIに対する動きが活発化している。2007年3月のオラクルによるハイペリオンの買収や、10月に発表されたSAPによるビジネスオブジェクツの買収といったニュースは記憶に新しい。

 専業ベンダーも、これまで買収などを通じて製品のポートフォリオを広げようという努力は続けてきた。分析用のデータを収集するETLから、実際の分析、プレゼンテーションまでを一連のスイートとして提供しようという流れだ。しかしながら、現在では、総合的なソリューションを提供するベンダーが、そのスタックの中にBIを取り込もうとする動きが顕著である。

 生熊氏は、今後、広義のBI市場において中心的な役割を担っていくであろうベンダーの顔ぶれを「OSIM(オシム)」と表現する。これは、Oracle、SAP、IBM、Microsoftの頭文字である。

 「結果的に、この市場も総合ベンダー同士の戦いになるのは避けられないのではないでしょうか。システムのバックエンドからフロントエンド、さらにはコンサルまでを含めて提供できる点は、言うまでもなくユーザーに対する大きなアピールになります。専業ベンダーは、細かい部分の機能では優位に立てるとしても、さまざまなバリエーションを提供でき、価格面でも戦略的に競争力を高められる総合ベンダーと、正面から戦うことは徐々に難しくなるはずです」(生熊氏)

 生熊氏は、BI市場には、さらなる伏兵も存在すると指摘する。それは、Salesforce.comやNetSuiteといったSaaSベンダーである。

 「この先、BIのコモディティ化が進めば、それほど専門的でない、より安くて、簡易な機能を求めるユーザーも多くなるでしょう。そうなった時に、現在、SaaSで業務アプリケーションを提供しているようなベンダーの動きが、いわゆる“ライセンスビジネス”を本業としているベンダーのビジネスに、影響を与える可能性があります」(生熊氏)

 ビジネスのリアルタイム化と呼応するように、業務アプリケーションとの関係がますます密になりつつあるBIプラットフォームは、ユーザーにとって、今後、よりクリティカルなシステムとなっていく可能性が高い。ユーザーには、企業全体の戦略にのっとった長期的な視点での製品選択と、それを効果的に活用するためのリテラシが求められるようになるはずだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]