編集部からのお知らせ
新着PDF:「Emotetの脅威」
新着記事まとめ「6G始動?」

MindManagerで「見える化」実践! スマートなプロジェクト管理(5)--チームや組織で 「知」を共有しよう! - (page 5)

渡邉安夫(シンプル・ビジョン)

2007-11-26 08:00

活用ポイント(1):常に目的地やゴールを意識し続ける

■中心トピック

 プロジェクトは、ある特定の目的を果たすための非日常的な活動の集合体である。しかし、実際に活動に着手すると、メンバーはその目的を見失い、近視眼的になりやすいという一面もある。

 プロジェクトを進めていくにあたって、常に目的を見失わないように、マップの「中心トピック」には目的(言葉)や成功イメージを明記しておくことで、常に「目的地」を意識し続けられるようにしておくことをオススメしたい。

05-05 「中心トピック」には、プロジェクトや活動が目指すべき目的地を常に意識付けるような言葉やイメージを用いると良い。(画像をクリックすると拡大表示します)

活用ポイント(2):多様な視点で情報をマネジメントする

■フィルタリング(マップマーカー)

 フィルタリング機能を使うことで、任意のマップマーカーの条件に該当するトピックを素早く抽出できる。また、フィルタリングで抽出されたマップは、コピーとして保存したり、エクスポートすることもできる。

 懸案事項や成果物等、一覧情報として取り出す必要性のあるトピックにマーキングしておけば、いつでもすばやく簡単にリスト作成が行える。

 この機能を使う場合は、「表示」メニューから「フィルタ」グループの中にある大きめの「フィルタ」アイコンをクリックする。表示されるリストメニューから「詳細フィルタ」を選択する。

05-06 情報の意味(ここでは「未確定情報」)を検索条件(画面左上)として該当トピックを抽出、選択した結果。(画像をクリックすると拡大表示します)

■フィルタリング(仕事情報)

 フィルタリング機能を使うことで、仕事情報の抽出条件(開始、終了、期間等)に該当するトピックを素早く抽出することができる。抽出条件としては、前述したマップマーカー条件との組み合わせも可能であり、進捗管理にも大変役立つ機能だ。例えば、ある担当者が今月中に開始すべき仕事のみを抽出するといったことも簡単にできる。

 また、フィルタリングで抽出されたマップは、コピーとして保存したり、エクスポートすることもできる。

 この機能を使う場合も、マップマーカーでのフィルタリングと同様、「表示」メニューから「フィルタ」グループの中にある大きめの「フィルタ」アイコンをクリックする。表示されるリストメニューから「詳細フィルタ」を選択する。

05-07 仕事の進捗情報や計画情報(ここでは「今月開始」)を検索条件(画面左上)として該当トピックを抽出、選択した結果。(画像をクリックすると拡大表示します)

■フィルタリング(その他)

 フィルタリング機能を使うことで、任意の付加情報があるトピックを素早く抽出することができる。例えば、ハイパーリンクや添付ファイルなどの関連情報が定義されたトピックのみを素早く取り出すといったことに使える。

 重要な記録をノートに書き込んだが、どこに書いたか忘れてしまったといった場合にも即座に見つけ出すことができるだろう。

 この機能を使う場合も、前者2つのフィルタリングと同様、「表示」メニューから「フィルタ」グループの中にある大きめの「フィルタ」アイコンをクリックする。表示されるリストメニューから「詳細フィルタ」を選択する。

05-08 ノート付、ハイパーリンク付のトピックを検索条件(画面左上)として該当トピックを抽出、選択した結果。(画像をクリックすると拡大表示します)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]