進化するテレビ会議(5)--タンバーグ:業務を革新させるビデオ会議システム - (page 3)

田中好伸(編集部)

2008-03-10 10:30

帯域幅に段階的に対応

 ビデオ会議システムが企業にとって有効なツールであることは間違いないのだが、専用の機材に加えてそれなりの帯域幅を持った回線が必要になることから、実際の導入には躊躇せざるを得ないというのが企業としての本音だろう。日本タンバーグでは、そうした企業に対する配慮を忘れてはいない。

 現段階で、ビデオ会議システムの画質という点で主流となりつつあるのが、「720p」と呼ばれる方式のHDだ。720pは地上波デジタルのテレビと同じような精細度の映像を活用できるが、必要とする帯域幅は1Mbpsとなっている。ビデオ会議システムにそれだけの帯域幅を割けるかどうかとなると、やや難しい問題と言えるだろう。こうした問題に対してタンバーグでは「HDにはこだわりたいが、ビデオ会議システムの導入する際の壁を高くしたくない」(同社キー・アカウント・マネジャーの山銅章太氏)としている。

 山銅氏の説明によれば、「企業の90%がビデオ会議システムの帯域幅として384〜768kbpsを使っている」という。これは、ビデオ会議システムがほかのIP通信サービスに影響を与えたくないという理由によるものだという。タンバーグの強みは、帯域幅384〜768kbpsに段階的に対応した画質を提供できることだ。384kbpsであれば「448p」という方式、512kbpsであれば448pのワイド版である「w448p」という方式、768kbpsであれば「576p」という方式といったように、企業がビデオ会議システムに割ける帯域幅に段階的に対応しているのである。つまりは、「回線の速度を変えると映像の品質も変えることができる」(山銅氏)のである。

 「他社製品だと、HD対応といった時にはHDにしか対応できないことを指しているが、タンバーグでは、HD以外の方式にも段階的に対応できているようになっています」(山銅氏)

 このように、企業の実情にあわせたシステムを提案するタンバーグでは、現在のビデオ会議システムの普及の度合いについて、「爆発的普及の一歩手前にある」(三浦氏)と見ており、同社では、その爆発的普及の一役を担いたいとしている。

edge HDビデオ会議システムの「TANDBERG EDGE」シリーズ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]