“痛すぎるアップグレード”からユーザーを救え--SAP - (page 2)

梅田正隆(ロビンソン)

2008-12-12 20:31

業務の断片の組み合わせで独自のプロセスを構築

 さらに、ユーザーが独自のプロセスを作る場合は、リポジトリに蓄積された「業務の断片(エンタープライズサービス)」を使う。この業務の断片をSOAの考え方で組み合わせて、自由にプロセスを構築できるようにした。業務の断片も、新しいEhPを適用すればどんどん追加されていくのだ。

 これにより、ユーザーは意識することなくSOA基盤を充実させていくことができる。ユーザーは既存のアプリケーションも、SOAで組み合わせたものも、あるいは他社のものも組み合わせて使える、いわゆるコンポジットアプリケーションを利用できるようになるという。

 「SOAと言うと、つなぐツールや見栄え良く作るツールが注目されがち。しかし、材料がなければ手組みと変わらなくなる。SAPでは、既存アプリケーションの機能を再利用できるようにし、さらに、あらかじめ準備したエンタープライズサービスを豊富に提供することにより、ユーザーにいつでも有効利用してもらえるようにした」(松村氏)

 パッケージとSOAは相反する概念としてとらえられがちだが、SAPは両者の垣根を取り払おうとしている。こなれたプロセスはパッケージを使い、独自のプロセスは手組みではなく、変更しやすいSOAで作るようにプラットフォームを改良したのである。

 SAPは、2008年11月21日にEhPの4番目のバージョンである「SAP enhancement package 第4弾」をリリースした。さらにCRM(Customer Relationship Management)、SRM(Supplier Relationship Management)、SCM(Supply Chain Management)、PLM(Product Lifecycle Management)といったERP以外のスイートアプリケーションが、バージョン7.0からは、SAP ERP 6.0と同じテクノロジー(SAP NetWeaver 7.0)の上に乗るようになり、これらの機能拡張についても同じEhPで提供されるようになった。

 SAPのERPはSAP ERP 6.0で、変化に強い製品へと変ぼうした。柔軟性が増した分だけ、提供する側も使う側も、スキルセットを変え、活用についてアタマを使っていく必要がある。今後は、古いバージョンを使っているユーザーが、どのタイミングでSAP ERP 6.0のアップグレードに踏み切るかについても注目されるところだ。

エンタープライズサービス エンタープライズサービス(業務の断片)を用いるコンポジット環境で、変化に強いプラットフォームを実現する(出典:SAPジャパン)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]