編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、米国外でもホステッドサービスのトライアルを提供

文:Mary Jo Foley(Special to ZDNet.com) 翻訳校正:菊地千枝子

2009-03-03 10:42

 Microsoftは成長を続ける同社によるホステッドサービスのトライアル版を米国外のユーザーにも提供しはじめる予定だ。

 Microsoftは全ての規模の顧客に「Business Productivity Online Suite(BPOS)」、企業向けインスタントメッセージングサービスの「Communications Online」、そして「BPOS Deskless Worker Suite」のトライアルに登録できるようにすると、同社関係者は3月2日にCeBIT 2009において発表した。これらのサービスの最終版は米国外では2009年4月に提供される予定であると同社関係者は述べている。

 MicrosoftのOnline Servicesに新たに加えられた18の市場とは:オーストリア、ベルギー、カナダー、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、アイルランド、イタリア、日本、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポルトガル、スペイン、スウェーデン、スイス、英国である。

 Microsoftのホステッドサービスについて簡単におさらいしよう:Microsoftは過去1年以上にわたり、同社自らがホストするサービスをいくつか開始してきた。現在のファミリーには、「Exchange Online」「SharePoint Online」「Communications Online」そして(以上3製品のバンドルに「Live Meeting」を加えた)「BPOS」、「CRM Online」そしていくつかのクライアントサイドのサービス――「Exchange Deskless Worker」「SharePoint Deskless Worker」そして「Business Productivity Online Deskless Worker」スイートが含まれる。同社はほかにも「Forefront Online」とおそらく何らかの「System Center Online」サービスといった、MicrosoftがホストするOnlineサービスをいくつか準備中であると考えられている。

 Microsoftはまた、顧客の成功例を――Glaxo SmithKlineがMicrosoftのホステッドウェアを10万シート導入していることについて――CeBITで宣伝していた。

 同サービスについては「過去12カ月間で急激に加速した」とMicrosoftのInformation Worker Product Management Groupのシニアバイスプレジデントを務めるChris Capossela氏は述べた。

 Capossela氏は1500以上の再販業者がMicrosoftのホステッドサービスを販売するために登録したと述べている。これは1週間当たり100件のペースであるという。Microsoftのパートナーの一部は、Microsoftがその仲間と競争することになるとして、同社のホステッドサービス市場への参入にたじろいでいた。

アップデート:以下がMicrosoftによるOnlineサービスのパッケージと料金の設定である。ある広報担当者が以下の情報を送ってきた:

 完全なスイートは1カ月あたり1ユーザーあたり15ドルである。各製品の内訳は以下の通りだ:

  • Exchange Onlineは1カ月で1ユーザーあたり10ドル
  • SharePoint Onlineは1カ月で1ユーザーあたり7.25ドル
  • Office Communications Onlineは1カ月で1ユーザーあたり2.50ドル
  • Office Live Meetingは1カ月で1ユーザーあたり4.50ドル
  • Exchange Online Deskless Workerは1カ月で1ユーザーあたり2 ドル
  • SharePoint Online Deskless Workerは1カ月で1ユーザーあたり2ドル

 ユーザーはこれらのサービスのほとんどを個別に購入することができる(ただし1つの例外を除いて:SharePoint Online Deskless Workerは、顧客がSharePoint ServerまたはSharePoint Onlineを入手していることが条件とされている)。

この記事は海外CNET Networks発のニュースをシーネットネットワークスジャパン編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]