編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

年間15億円のITコスト削減を実現した日立電サのIT改革 - (page 2)

大川淳

2009-04-28 20:54

 同社は「Oracle Quality」の活用により、できるかぎりアドオンを減らすことを実現した。「Oracle Quality」は、データベースレイアウトの追加、項目追加や画面追加開発が定義だけで可能であることが特徴で、同社はこれを活かして開発工数を削減。加えて、新規サービスへの対応もしやすくなったという。

業務継続性を優先して円滑に導入、移行

統合データベースの整備と開発工数の縮減が実現した(画像をクリックすると拡大します) 統合データベースの整備と開発工数の縮減が実現した(画像をクリックすると拡大します)

 一方、円滑な導入と移行についても、いくつかのポイントが注目される。業務継続性を最優先し、約3000万件におよぶマスタデータは独自開発のツールにより移行させた。また、リスクをなるべく小さくするために1支社を先行させてサービスを開始した。

 その結果、先行した1社の初期トラブルを分析することが可能になる。重要課題について緊急対応も実施している。さらに、リスク分散のため全国展開の際には段階的に対処し、システムを停止させないよう新旧混在の状態で、更新可能かつ並行的な環境を整えるなどの策を講じた。

 エンドユーザーである従業員に対しては、代表者による推進会議を定期的に開催するとともに、専用ウェブサイトを開設して最新情報を公開。電子会議室を設け、意見交換の場とした。さらに、各支社のキーマン237人に集合教育を実施したほか、全国キャラバンの操作教育も実施した。

 加えて「4000人を対象としたeラーニング製品による教育も効果があった」(吉田氏)という。

年間15億円のITコスト削減を実施

 同社は24時間365日、システムを止めずに稼動させるため、東西2カ所に施設を設置。メインフレームとオープンサーバを核に、双方向で同期している。同社はここに、管理、監視、自動化を担う「Oracle DataGuard」を適用し、限りなくシステムダウンをゼロに近づける「Near Zero Down」のソリューションを実現している。

Oracle DataGuardによってシステムの可用性が向上した(画像をクリックすると拡大します) Oracle DataGuardによってシステムの可用性が向上した(画像をクリックすると拡大します)

 これらの革新の効果は目覚しく、システム統合によってITコストは年間15億円削減することができた。また、全体の作業量は大きく効率化され、作業確認や報告などの時間は年間約30万時間削減された。

 さらに、パッケージの採用により開発規模をおよそ70%削減した。同社では今後もさらに前進することを目指しており、予防保守サービスへのパッケージ適用や、地図情報との連携などを考えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]