編集部からのお知らせ
記事PDF集:官民意識のゼロトラスト
電子インボイスの記事まとめ

NTTデータで再編続く--グループ2社のオラクル事業を統合

冨田秀継(編集部)

2009-10-02 19:25

 NTTデータは10月1日付けでNTTデータシステムズのオラクル関連事業をNTTデータ先端技術に統合した。NTTデータシステムズのオラクル部隊は26人、売上規模はライセンス販売と保守サービスなどで約12億円。一方のNTTデータ先端技術は同54人で約2億円だ。

 当初はNTTデータ先端技術のオラクル案件を、NTTデータシステムズのオラクル部隊が業務委託というかたちで引き受ける。NTTデータ先端技術はオラクル事業を1つの柱に成長させる意向。

 NTTデータでは、グループ各社が保有するオラクル事業を集約させ、大規模案件から中小規模案件までに対応する体制を整えたい考え。そこで今回、最もシナジーを高められる部分として両社のオラクル関連事業を統合させた。ただし、NTTデータによれば、他社の事業をさらに統合していく計画は現在のところ予定していないという。

 NTTデータシステムズはERPパッケージ「SCAW」を保有している。今年4月にはブランド名を「Biz∫SCAW」(ビズインテグラルスコー)に変更し、NTTデータ ビズインテグラルのIT基盤「Biz∫」との連携を強化させた。加えて、今年6月にはNTTデータグループ各社らと「Biz∫」の事業会社を設立しており、今後はBiz∫SCAWを柱に事業を展開していく。

 NTTデータは今年5月に「サービス提供能力の強化」「グループ事業の拡大・強化」「環境志向経営の推進」の3つを柱とする中期経営方針を発表。その直後にはグループ各社を再編し、NTTデータ先端技術に3社が合流したほか、クニエの設立も発表している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  2. 経営

    ノートPCは従来ながらの選び方ではダメ!新しい働き方にも対応する失敗しない選び方を徹底解説

  3. 経営

    問題だらけの現場指導を効率化!「人によって教え方が違う」を解消するためのマニュアル整備

  4. ビジネスアプリケーション

    緊急事態宣言解除後の利用率は低下 調査結果に見る「テレワーク」定着を阻む課題とその対応策

  5. ビジネスアプリケーション

    たしか、あのデータは、こっちのアプリにあったはず…--業務改善のためのアプリ導入がストレスの原因に?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]