日立、混在環境で企業内クラウドを構築するソリューションを提供開始

ZDNet Japan Staff

2009-10-30 12:10

 日立製作所(日立)は10月30日、同社が提供するクラウドコンピューティング環境構築ソリューション「Harmonious Cloud(ハーモニアスクラウド)」において、複数の仮想化技術に対応し、ユーザー企業内にクラウド環境を構築するプライベートクラウドソリューションをメニュー化し、提供を開始したと発表した。あわせて、ビジネスPaaS(Platform as a Service)ソリューションの強化も行うという。

 同社では、IT資産の有効活用や柔軟なシステム運用といったクラウドコンピューティングの利点が認知される一方で、「顧客の個人情報、営業機密、先端の技術情報など重要なデータを社外に置けない」といった声もあり、企業内にクラウド環境を構築するプライベートクラウドへの関心が高まっているとする。

 今回、日立がメニュー化する「プライベートクラウドソリューション」では、サーバ仮想化技術について、統合サービスプラットフォーム「BladeSymphony」のサーバ仮想化機構「Virtage(バタージュ)」に加え、ヴイエムウェアの「VMware」、マイクロソフトの「Hyper-V」もサポートし、マルチプラットフォーム環境においても、ユーザーの要件に応じたプライベートクラウドの構築を可能としているという。また既に提供されている、ビジネスPaaSソリューションで培った仮想化システム構築のノウハウを生かし、高い信頼性と堅牢なセキュリティをプライベートクラウドにおいても実現するとしている。

 同社ではプライベートクラウドの構築、利用により、セキュリティの向上のほか、サーバ集約による設置スペース、保守、消費電力などのコスト削減、新たなサーバやストレージなどのITリソースが必要となったときの対応における柔軟性向上、コンプライアンスの向上といったメリットを享受できるとしている。

 また、ビジネスPaaSソリューションにおいては、「可用性強化サービス」において新たに、ホットスタンバイが可能なクラスタ構成や、複数のウェブサーバ間で負荷分散し冗長性を高めるロードバランシング構成をサポートし、信頼性を高めたという。あわせて、「プラットフォームリソース提供サービス」に、ユーザーのアプリケーション運用を代行するオプションを新設した。これにより、プラットフォームだけでなくITシステム全体についての運用管理の効率化を図れるという。

 そのほか、「ソフトウェアスタック提供サービス」においては、ウェブを利用したシステムを構築するために必要なミドルウェアと、ユーザーのITシステム環境の構築サービス、プログラム更新の適用や問い合わせへの対応サービスなどの提供を開始する。

 「プライベートクラウドソリューション」「ビジネスPaaSソリューション」の価格は、いずれも個別見積もりとなる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]