シトリックス、Hyper-Vの仮想化環境を管理するソフト提供

田中好伸(編集部) 2009年11月18日 22時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シトリックス・システムズ・ジャパン(シトリックス)は11月18日、Microsoftの仮想化技術「Hyper-V」による仮想プラットフォームに仮想化管理機能を提供する「Citrix Essentials 5.5 for Hyper-V」の提供を開始したことを発表した。

 同社の仮想化技術「XenServer」を対象にした管理製品「Citrix Essentials 5.5 for XenServer」に続く製品となる。税別価格は、プロセッサ数に関係なくサーバ1台あたり28万500円。

 Hyper-Vのユーザーは、「Windows Server 2008」に搭載されたHyper-VとMicrosoftの運用管理製品シリーズ「System Center」の管理機能をストレージ管理やプロビジョニングサービス、ワークフロー機能、ラボ自動化の分野まで広げることができるとしている。Citrix Essentials 5.5 for Hyper-Vは、最新サーバOSの「Windows Server 2008 R2」に搭載される新しい仮想化技術「Hyper-V 2.0」とSystem Centerに対応して、機能を拡張できるという。

 ストレージ管理では、「StorageLink」と呼ばれる技術で複数の主要ストレージプラットフォームを統合して、Hyper-V環境でのストレージ管理コストと複雑さを軽減できるという。ウィザード形式で既存のストレージアレイのサービスを利用できて、先進的なストレージ機能がシームレスに利用可能としている。

 StorageLinkを搭載するCitrix Essentials 5.5 for Hyper-Vは、ストレージの標準となっている「SMI-S」ベースのものも含むすべてのストレージアーキテクチャをサポート。これにより、より高速な仮想マシンの再配置と仮想環境でのストレージ管理の総所有コスト(TCO)削減を実現すると説明する。

 またStorageLinkを活用して、下層ストレージアレイのレプリケーションサービスを開放して、Hyper-V環境でのリモートのフェイルオーバ対策を可能にするという。「StorageLink Site Recovery」を活用すれば、ネイティブストレージのリモートミラーリングサービスを設定でき、Site Recoveryに含まれる機能でリモートサイトで仮想インフラの復旧性能をテストできるとしている。また復旧する仮想マシンのクローンを分離されたネットワーク上に作成、保存でき、進行中のデータレプリケーションやHyper-Vインフラへのアクセスを妨げずに復旧テストを実施できるとも説明している。

 プロビジョニングでは、サーバワークロードの配信を高速化して、システム全体の柔軟性と即応性が向上しているという。単一のサーバイメージからアプリケーションワークロードを動的にプロビジョニングすることで、システムの展開、運用管理のモデルを一新するとしている。

 Citrix Essentials 5.5 for Hyper-Vを使用すると、ストレージコストを削減すると同時に、数百の独立したサーバイメージのパッチ適用や保守作業、テスト、サポートに生じる負担を軽減できると説明する。また、物理サーバと仮想サーバの両者に対するワークロードをプロビジョニングすることで、データセンターのインフラの効率性も改善するという。

 Citrix Essentials 5.5 for Hyper-Vに含まれる「Citrix Workflow Studio」は、インフラストラクチャを構築するプロセスを自動化させるプラットフォームだ。Workflow Studioを活用すると、たとえばトラフィックパターンの変化を検出してオンデマンドアクセス用のサーバリソースを自動的に再構成したり、フェイルオーバや復旧手順を自動化させたりといったことが可能になる。データセンター内にあるサーバやストレージなどの複数の技術を制御して、データセンターにより柔軟性をもたらすことができる。

 Workflow Studioは、Microsoftのスクリプト言語「Windows PowerShell」やワークフロー基盤「Windows Workflow Foundation」で動作するように設計されており、使いやすいGUIでワークフローを作成でき、スクリプトの作成は必要ないという。Workflow Studioは、「XenApp」「XenDesktop」、XenServerに加えてアプリケーション配信制御機器の「NetScaler」に対応している。

 Citrix Essentials 5.5 for Hyper-Vには「ラボ環境管理」機能も搭載されている。これは、ラボ環境のインフラ管理を自動化することで、開発やテスト、サポートなどの各組織で一般的に発生する管理の複雑さを軽減したり、時間やコストを削減できるという機能になる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
デジタル“失敗学”
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]