NSSOL、SQL Server 2008ベースのDWH--中小規模向けに容量1〜3テラバイトに対応

富永恭子(ロビンソン)

2010-04-15 19:08

 新日鉄ソリューションズ(NSSOL)は4月15日、容量 1〜3テラバイトのデータウェアハウス(DWH)に最適化したパッケージ「NSSOL版 SQL Server Fast Track Data Warehouse」の販売を開始することを発表した。

 同パッケージは、マイクロソフトの「SQL Server Fast Track Data Warehouse リファレンス アーキテクチャ」とデルのサーバとストレージを組み合わせた構成で、日本国内の非メーカー系システムインテグレーターとしては初めて米Microsoftの性能検証試験を通過、承認を得たという。

 ソフトウェアとハードウェアの両面で広く普及した製品を採用し、容量1〜3テラバイトのDWHとして十分な処理速度を実現する設定を行ったとしている。導入時の性能リスクと費用、運用コストの大幅な削減が可能だという。

 NSSOLのシステム研究開発センター内に性能検証環境を用意し、ユーザー企業の用途にあわせた性能試験を提供することで速やかな導入を支援、同パッケージでDWHやビジネスインテリジェンス(BI)の運用やコストに悩みを抱える中堅企業や大企業の事業部門に対し、NSSOL版SQL Server Fast Track Data WarehouseとBIシステムの一貫した導入を推進していくとしている。

 24時間365日対応のハードウェア現地交換サポート(3年間提供)を含み、価格は800万円から。同パッケージを活用したDWHソリューションの売り上げとして、初年度2億円を目標としている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]